嵐企画の庭がお届けする「粋」なコラム満載のサイトマガジン

企画の庭がお届けする「粋」なコラム満載のサイトマガジン
2top


牧野植物園便り

■Vol.42 さくら
日米友好の桜、ワシントンで花開く
米国からはハナミズキ
ハワイには昨年牧野植物園から

■Vol.41 春の若草
早春に食べられる若草をいくつか
牧野博士が「料理の友」で薦める
レンゲソウ、ヤブカンゾウなど

■Vol.40 田中ビワ
甘み強く、酸味のバランスもよい、それに大粒
長崎で食して、その実を持ち帰る
牧野博士が田中氏の自宅でそのビワを写生

■Vol.39 タマムラサキ
牧野博士がタマムラサキを別種として発表
朝露を受けて紫色にキラキラ光る

■Vol.38 アッケシソウ
真っ赤なサンゴのようなアッケシソウ
北海道の厚岸町で最初に発見される

■Vol.37 ツリフネソウのなかま
葉の上に紅色のあでやかな花
秋の気配を呼ぶツリフネソウ

■Vol.36 アコウ
樹上で芽を出し成長を始める
“絞め殺しの木”と呼ぶ人も

■Vol.35 アヤメの仲間たち
ワイシャツにカキツバタを摺りつけた牧野博士
凛として咲くノハナショウブ

■Vol.34 サクユリ
大輪の花を咲かせるサクユリ
雨戸を開けるとその佳香が鼻をうつ
カサブランカの母種とも

■Vol.33 ラショウモンカズラ
大きな花を重そうに連ねる小さな草
愛媛県の赤星山で出会う

■Vol.32 スイセン
スイセンを6千球 園内に植える
「一つの金杯を載せた清楚潔白な花」と牧野博士

■Vol.31 洋ラン
洋ランに和名をつける
天皇陛下のご質問にも備える

■Vol.30 タイキンギク
黄金を堆だかく積み上げた様
海岸の足元を装飾

■Vol.29 ツチトリモチ
根をつぶして水にさらすと「鳥もち」が
花を咲かせタネをつくる種子植物

■Vol.28 ヤッコソウ
奴さんが袂を突っ張っている姿
室戸や足摺の周辺に咲く

■Vol.27 ビロードムラサキ
ベルベットのような感触の紫の花
牧野博士と高知を結ぶ

■Vol.26 マツヨイグサ
夕方から咲乱れるマツヨイグサ
夜、蛾が花の媒酌を

■Vol.25 ムジナモ
モウセンゴケ科の食虫植物
牧野博士が和名をつけたムジナモ

■Vol.24 ヨコグラノキ
牧野博士が発見したヨコグラノキが今も元気に
梅雨時に黄色い小粒の花を咲かせる

■Vol.23 コーヒー
牧野博士も喫茶店で珈琲を楽しむ
コーヒー、紅茶、そしてマテと博士

■Vol.22 ツツジ
朱色のオン(雄)と藤色のメン(雌)の花が咲く
牧野博士と高知のツツジ

■Vol.21 サクラ
牧野博士、中国でのサクラ調査
ソメイヨシノを土佐に送る

■Vol.20 アテツマンサク
春を告げる黄色
パーティークラッカーのよう
枝の先で四方に伸びるように開花
牧野博士、岡山県で新種のマンサクを発見

■Vol.19 バイカオウレン
雪と見紛うように群れて咲くに
牧野博士がこよなく愛するバイカオウレン
花の大きさは1.5センチ

■Vol.18 ノジギクとシオギク
海岸がピカピカ光るように見えるシオギク
南国市より西側にしか見られないノジギク
南国市の物部川を堺に分布が分かれる

■Vol.17 帰化植物
都会で見かける植物の8割が帰化植物に
植物画は花の美しさを巧みに表現
来年の1月11日まで植物画展を開催

■Vol.16 スイフヨウ
白い花を採取したのに、
胴乱の中には紅い色の花が
「酒に酔ったようだ」と
「酔芙蓉」と名付ける
宮崎の民家で発見

■Vol.15 コオロギラン
コオロギランを高知の横倉山で発見
牧野博士が新種として世界に発表
学名に「四国」を入れてシコキアヌスとす

■Vol.14 食虫植物
動かない植物が動く虫を捕まえる
ほかの植物との競争を避け厳しい場所に生える
奇妙な食虫植物の世界

■Vol.13 ハマボウ
黄色の花が夏の青空によく映えます
夏のアオイ科の植物ハマボウ
富太郎博士の銅像の周りで満開に

■Vol.12 タキユリ
まるでピンクのシャンデリアのよう
断崖にせり出すように花開く
シーボルトがお気に入りだったカノコユリの仲間

■Vol.11 ハナショウブとショウブ
青、紫、ピンク、それに白と、色とりどりです
雨の季節にしっとりと咲きます
ハナショウブとショウブはまったく違う種類です

■Vol.10 アジサイに愛する妻の名前をつけたシーボルト
40種類のアジサイが今、楽しめます
牧野博士ゆかりの「ヒメアジサイ」も咲いています

■Vol.9 花柱が翁の白髪のようにふさふさと伸びる
山の明るい草原に生える多年草
宮沢賢治が「おきなぐさ」の題名で短編に描く

■Vol.8 牧野博士ゆかりの桜、センダイヤ
満開になると
少し濃い桜色の傘になる

■Vol.7 ルリ色のユキワリイチゲ
静かに、奥ゆかしく輝く
早春まだ雪が残る頃に咲く

■Vol.6 南国土佐に春を知らせるトサミズキ
氷里山のいたるところを黄色に染めて
次の世代につなぐ保護も必要に

■Vol.5 枯れ残った茎の根が水を吸い上げて花を
氷点下の冬にだけ咲く神秘
本物の花は秋に、もちろん開きます

■Vol.4 黄色が鮮やかなオオツワブキ
冬の澄んだ空気の中でひときわ目を引く
よくみると多くの花の集まりです

■Vol.3 寒さの訪れとともに花開く
清楚さが際立ち、愛好者も多い
高知県が生んだ花卉園芸文化「土佐寒蘭」

■Vol.2 スズムシバナ、ミヤギノハギなどが見ごろです
今が盛りの秋を彩る草花たち

■Vol.1 植物学者牧野富太郎の生涯
植物の新種発見1,500種類
収集した標本は約40万枚

牧野植物園便り

■Vol.3 世界で初めて、ネット上でバラ図鑑をスタートさせた

■Vol.2 夏草は「夢のあと」ではなく恐怖なのです

■Vol.1 3月から手が湿疹かぶれになっている原因が分かった!