そら飛ぶ庭
   

介護日記
 
2010.1.11  

Diary of Country Life
Nursing of My Parents

自分、腰痛に苦しむ

ガンマGTP半減する

父、物忘れひどくなる

大島  一洋 

腰痛ストレッチ
12月1日(火)晴
 父が朝起きて最初にすることは、新聞の岐阜版に載っている「おくやみ」欄を見ることである。誰か知人が死んでいないかどうか確かめるのだ。それから洗面にかかる。この洗面時間が長いので、朝食がなかなか食べられない。7時半に自分が起きて準備しても、食べるのは8時半頃になってしまう。以前は父のほうが早起きだったが、最近は8時前に自分が起こしている。

庭のせんりょう
庭のまんりょう

 朝食後、自分は再就寝して1時間くらいで再起床する。この仮眠がないと一日中眠くてならない。
 午後、喫茶店「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。「夢」に置いてある体温計と血圧計で測る。熱37度1分。血圧144−80。脈拍94。今日はやや高い。
「アピタ」で買い物したあと、可知医院へ夕方の順番取り。自律神経失調症の精神安定剤を処方してもらうため。夕食後すぐ行って5時半に診察を受ける。  夜、DVD「THE OC」シーズンVのABCを見たあと読書。熱36度5分に下がる。

12月2日(水)晴
 朝食後、たっぷりと仮眠。熱36度3分。平熱。同級生の高木茂家が教えてくれた腰痛を治すストレッチを試す。図解してあるのでわかりやすい。なんだか効いた感じがする。
 午後「梅の木」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。「夢」は水曜日が休み。 「アピタ」で買い物し、2時過ぎ帰宅。熱36度5分。父の寝室、茶の間、和室に掃除機をかける。
 来年1月16日は母の三回忌だが、東円寺の坊さん、食事の見晴荘へ予約の確認。
 夜、DVD「THE OC」シーズンVのDEを見る。父が入浴したので、足の傷のガーゼ交換をする。だいぶ良くなってきた。
 ずっと原稿書き。午前零時、熱36度3分。平熱。

12月のたんぽぽ
きしめんを食べる父


12月3日(木)曇のち雨
 朝食後、洗濯。雨が降りそうなので廊下に干す。
 1時間仮眠。熱36度6分。
 午後、雨のなかを三洋堂まで歩き、DVD7本借りる。「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱37度1分。血圧125−70。脈拍104。「アピタ」で買い物をし、2時過ぎ帰宅。雑誌読み。
 ヘルパーさんが30分も遅れると連絡があったので、鮭と大根煮の大根とモロッコいんげんを刻んで茹でておく。
 夜、DVD「THE OC」シーズンVのFGを見たあと「いちりき」。11時帰宅。読書。午前零時、熱36度3分。平熱。

■変化のない生活
12月4日(金)晴
 朝食後、1時間仮眠。熱36度7分。
 午後、「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱37度4分。風邪の熱ならこれだけ高いと悪寒がするはずだが、それがないということはストレス熱だ。しかも38度までは絶対に上がらない。血圧137−75。脈拍104。
「アピタ」で買い物したあと、新町の東美濃協同組合へシルバー料金9416円を支払いに行く。
 夜、DVD「THE OC」シーズンVのHIを見る。どうも苛々するドラマだ。
 9時「にしの」10時半「すし天」。11時半帰宅。熱36度5分。

12月5日(土)曇
 昨夜、飲み過ぎた。眠い。腰が痛い。朝食後、1時間仮眠。熱36度9分。
 午後、「夢」で測ると、熱37度8分。過去最高。血圧126−68。脈拍88。
「アピタ」で買い物し、2時帰宅。腰痛ストレッチ。原稿書き。
 夜、DVD「THE OC」シーズンVのJを見たあと読書。
 午前零時、熱36度5分。
 ビ、セ、デを服んで一度就寝も眠れず、起きてセルシンを追加。午前1時半にやっと眠れた。

パンジー
ガーベラ


12月6日(日)曇のち晴
 午後、ずっと図書館。
 夕食は、牡蠣味噌鍋と冷凍してあったかぼちゃ煮をチン。
 夜、DVD「THE OC」シーズンVのファイナルKを見ようとしたが、片面2層で映らない。諦めてDVD「白い嵐」を見たあと読書。
 午前零時、熱36度2分。平熱。
 毎日がまったく変化のない生活。同じことの繰り返し。田舎にはゴシップがけっこうあるのだが、それは書けない。みんな読んでいるからだ。バラしちゃまずい。

■腎臓異常なし
12月7日(月)晴
 朝食後、1時間仮眠。
 午後、三洋堂へDVDを返却。書かねばならない原稿があるので返却だけで借りず。
 「夢」で体温と血圧を測る。熱37度。血圧122−64。脈拍102。
 2時に「熊谷整体治療院」。わずか15分だが効いた。首と腰の骨が一本ずつずれているらしい。自分に合ったストレッチを教えてもらう。
 「アピタ」で買い物し、3時帰宅。
 東町の高木酒店の隣の家の解体工事が始まった。老朽化して家が傾き、危ないなと見ていた。解体工事屋がタオルを持って挨拶に来た。解体の一番はじっこが我が家の畑になるからだ。
 夜、原稿を少し書いたあと「にしの」「ロック」とはしご。昼間、整体に行ったせいか、ひどく酔った。ふらふらしながら11時半帰宅。熱測らず。

解体された家の現場を見る父
この季節にダリア


12月8日(火)晴
 朝食後、仮眠。熱36度7分。
 午後、「夢」で測ると、熱36度9分。血圧133−65。脈拍108。
 「アピタ」で夕食の買い物をして2時頃帰宅すると、父が坂道を両腕を振りながら上って行くのが見えた。運動不足だから散歩にでも出かけるのだろう。声をかけたが聞こえていない。坂道の落葉がひどいので上から下まで掃く。ついでに父の寝室、茶の間、廊下に掃除機をかける。終わった頃、父が散歩から帰ってきた。
 掃除で腰にきたので、腰痛ストレッチ。
 夜、ずっと原稿書き。パソコンに向かう姿勢が腰痛の元だが仕方がない。
 午前零時半、熱36度5分。

12月10日(木)曇
 我が家の畑の下にある家の解体工事が終わったが、なんと自分の部屋から東町通りが丸見え。ということは道路からこちらが見えるということだ。カーテンがぼろぼろだから、なんとかしなければならない。
 父に相談すると「奈良屋」というカーテン屋を教えてくれた。母が、我が家のカーテン、絨毯などすべて「奈良屋」に頼んでいたらしい。
 夜、DVD「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」の@ABを見たあと読書。

 
解体工事が終わって、自分の部屋から東町通りが見える

12月11日(金)雨
 朝食準備中に可知医院へ順番取り。自分の血液検査のため。
 昼食前の11時に可知医院。まず尿検査。異常なし。腰痛が腎臓からくるものでないことがわかった。採血。結果は来週。ガンマGTPがどれくらい下がっているか。
 午後、「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱37度7分。高い。血圧110−75。脈拍84。
 太田町にある「奈良屋」へ行き、カーテンについて相談。見に来てくれるよう頼む。
 夜、DVD「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」のCDを見たあと「にしの」「じゅうべい」とはしご。午前零時帰宅。熱36度2分。平熱。

■巨大おっぱい
12月13日(日)晴
 朝食後、洗濯。新聞を読んだあと1時間仮眠。熱36度6分。
 午後、三洋堂でDVD8本借りる。「アピタ」で買い物して1時過ぎ帰宅。坂道の落葉を掃く。2時半、「奈良屋」が来て、レースカーテンの見積もり。カーテンレールを替える必要があり、1万6000円くらいかかりそう。取り付けは再来週になるとか。年末で忙しいらしい。
 夜、DVD「大王の道」@Aを見る。韓国の歴史ドラマ。事実に基づいている。
 インディーズのDVD「風子」を見る。超巨大なおっぱいに驚く。こんな女の子がいるのだ。午前零時、熱36度5分。

12月14日(月)晴
 朝8時に父を起こすと「わっ」と、びっくりしたような声をあげた。こっちのほうが驚く。朝食後、10時半まで仮眠。洗濯屋にシャツ2枚出し、仕上がり分を受け取って11時過ぎ帰宅。熱36度5分。
 午後、「夢」で測ると熱37度0分。血圧130−76。脈拍94。
 3時に父が可知医院へインフルエンザの予防注射を受けに出かけた。帰ってきたのは5時前。ずっと待たされたよう。
 夜、DVD「大王の道」Bを見たあと「にしの」「いちりき」とはしご。11時過ぎ帰宅。熱36度1分。

12月15日(火)晴のち曇
 午前中、1時間仮眠。
 午後、夕方の可知医院順番取り。「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱36度9分。血圧137−68。脈拍94。「アピタ」で買い物し、2時頃帰宅。父の寝室、茶の間、廊下に掃除機をかける。父は邪魔になるので坂道の上まで散歩に出る。
 夕食後、5時過ぎ可知医院。血液検査の結果を聞く。ガンマGTP258。中性脂肪263。なんと前回(1月)の半分に下がっていた。晩酌をアルコール度ゼロのキリン「フリー」にしたことと、外で飲むのを週2回にしたこと、さらに自宅では夜10時半からしか飲まないことに決めた減酒作戦が効いた。
 夜、DVD「大王の道」CDを見たあと読書。熱36度2分。平熱。

■後頭部に湿疹
12月16日(水)曇のち晴
 朝食後、後藤理髪店。後頭部に湿疹ができていると言われる。帰宅して30分仮眠。熱36度3分。平熱。
 午後、三洋堂でDVD8本借りる。「梅の木」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。
「アピタ」で買い物したあと「まるみ薬局」に寄り、同級生の丸山明美に後頭部の湿疹を診てもらう。痒いから引っ掻き傷があり、かなりひどい状態らしい。自分では見えないからわからない。塗り薬を買う。
 夜、DVD「大王の道」Eを見たあと「にしの」「いちりき」とはしご。11時帰宅。熱36度1分。平熱。

12月17日(木)雪のち曇
 朝起きると小雪が舞っていた。積もるほどの勢いはない。
 朝食後、1時間仮眠。熱36度8分。
 午後、「夢」で測ると熱37度4分。血圧135−84。脈拍103。
 「アピタ」で買い物。2時頃帰宅。次男の現から一級建築士の試験に合格したというメールあり。38歳でやっと合格。「おめでとう」の返信。
 夜、8時から「還暦合唱団」。終わって「かかし」で3年3組・発著世(ほっちょせ)幹事会。忘年会の打ち合わせ。11時半帰宅。寒い。熱36度5分。

12月19日(土)雪
 朝から雪。一日中降ったが市内は積もるほどではなかった。
 朝食後、1時間仮眠。
 午後「夢」へ。スポーツ観戦用コートを着て出かけたが、全身雪まみれになった。アメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱36度8分。血圧143−77。脈拍93。帰るとき、「夢」のママがビニール傘を貸してくれた。「アピタ」で買い物し、2時帰宅。寒くて炬燵に入ったまま、じっとしている。
 夜、DVD「大王の道」FGHを見たあと読書。10時半入浴。午前零時、熱36度5分。

玄関の雪
山茶花

12月20日(日)曇
 朝食後、洗濯。雑誌を読んでいるうちにうたた寝。
 午後、ずっと図書館。「夢」は休み。「アピタ」で買い物をして3時半に帰宅。熱を測ると37度7分もある。寒いせいか。
 夜、DVD「大王の道」Iを見たあと読書。午前零時、熱36度2分。平熱。

■植木屋さん庭木を剪定
12月21日(月)晴
 朝食後、1時間仮眠。熱36度7分。
 午後、三洋堂まで歩き、DVD8本借りる。「夢」でアメリカンコーヒーとスポーツ新聞。熱37度4分。血圧134−74。脈拍109。「アピタ」で買い物して2時帰宅。夕食まで原稿書き。
 夜、DVD「大王の道」JKを見たあと「にしの」。混んできたので11時帰宅。
 午前零時、熱36度4分。

12月22日(火)晴 冬至
 父が換気扇をはずせ、と言うので台所のシンク脇に上ってカバーと羽をはずした。父は浴室の洗い場に大きな金たらいを置いて湯を入れ、換気扇のカバーと羽を沈めた。その上から選択用の粉石けんをふりかけた。しばらく漬けておいて洗うらしい。
 午後、「夢」。熱37度8分。血圧150−78。脈拍113。今日は高い。
 「アピタ」で買い物して2時過ぎに帰宅。換気扇がきれいに洗ってあったので、元通りにはめる。
 夜、DVD「大王の道」LMを見たあと読書。午前零時、熱36度3分。平熱。

12月23日(水)曇 天皇誕生日
 朝食後、1時間仮眠して起きると胃痛。食後すぐ寝るのは消化に悪い。熱36度7分。
 午後、買い物から帰ると、父が畑で鍬を使っていた。あわてて長靴にはき替え畑へ。昨年採り残した里芋が数株あり、それを父が掘り起こしていたのだ。ざるに入れて洗い場で洗って新聞紙の上に並べる。大小20個くらい。「これで正月の雑煮分はある」と父。
 夜、DVD「大王の道」NO最終話を見たあと読書。午前零時、熱36度5分。

畑を見まわる父
アリッサム

12月24日(木)晴
 朝から植木屋の馬島さんが助手と二人で庭木の剪定に入っている。午前10時半にお茶とカステラを出す。縁側に座布団を敷き座ってもらう。いい天気。
 午後、三洋堂へDVDを返却。「梅の木」でコーヒーとスポーツ新聞。「アピタ」で買い物して2時過ぎ帰宅。熱37度4分。
3時に馬島さんたちにお茶と饅頭を出す。縁側に珍しく強い陽射し。眩しく暑い。今年最後の好天か。
 夜、ずっと読書。午前零時、熱36度3分。平熱。

■35年振りの再会
12月25日(金)晴
 朝食後、洗濯。仮眠せず雑誌読み。気が付いたらうたた寝していた。
 午後「アピタ」で買い物して1時半帰宅すると、父が床屋へ行くと言って出かけた。父の寝室、茶の間、廊下に掃除機をかける。
 シルバーさんが食事の準備を終えて帰っても、父が戻らない。午後1時半に出かけて5時半になっても帰ってこない。何度も通りまで出てみたが姿なし。どこかで倒れたのではないかと心配だが、それなら自分に連絡があるはずだ。どうせ「アピタ」内の「いけだ書店」で立ち読みでもしているのだろう、と思って自分だけ先に夕食。食べ終わったところへ父が帰ってきた。「どうしたの?」と聞くと「いけだ書店で立ち読みしとったのや。腕時計見てあわてて帰ってきたんや」との答え。やっぱり思った通りだった。
 夜、ずっと読書。

新しいレースのカーテン
ポピー

12月26日(土)曇時々雨
 午前10時半、「奈良屋」が来て、新しいレースのカーテンを取り付けてくれた。これで道路から自分の部屋が見えなくなった。
 午後、「夢」。熱36度8分。血圧134−69。脈拍106。「アピタ」で買い物して2時帰宅。1時間仮眠。
 夕食は父の分だけ準備し、自分は5時半に中津川駅前へ。3年3組「発著世」の忘年会が「星ケ見荘」という料亭旅館で行なわれるので、みんな集合してバスに乗る。出席者15名。遠くは横浜、大阪から来た人もいた。ことに大阪の石黒とは35年振りに会った。宴会、ビンゴゲームなどで遊び、10時頃帰宅のバスに乗った。帰宅組は3人で、あとは宿泊。自分も泊まりたいが、明日の父の朝食を作らねばならない。
 午前零時、熱36度2分。平熱。

発著世同窓会

12月27日(日)晴
 朝食後、1時間仮眠。熱36度8分。
 午後、「夢」へ。熱37度8分。この時間が最も高くなる。血圧139−77。脈拍95。
 買い物をして2時過ぎ帰宅。父が母の三回忌の見積もりを出せというので計算する。一周忌のときとほぼ同じなのに、細かいことを言うので苛々する。だが、これも仕事と思って我慢する。そうなのだ、介護は仕方なくしているのではなく、仕事だと割り切ればいいのだ。現実に田舎での生活費は父に出してもらっている。
 夜、ずっと読書。午前零時、熱36度3分。平熱。

12月28日(月)雨のち曇
 朝食後、洗濯。雨が止み始めたので、軒下に干す。
 10時、ケアマネージャーの垣内さん来。月末の定期面談。父に大きな変化はないので15分で終了。
 午後、「夢」へ。熱37度7分。高い。血圧141−72。脈拍96。
 夜、原稿を少し書いたあと「にしの」。客が混んできたので11時帰宅。寒い。室内温度6度。熱36度2分。平熱。

■年末大掃除
12月29日(火)晴
 朝食後、1時間仮眠。天気がいいのでふとん、毛布、シーツを干す。
 午後、父と一緒に「アピタ」へ正月用の食品買出しに行く。かずのこ、たつくり、黒豆、えびなどを購入。父が「いけだ書店」に寄るというので、自分だけ先に帰る。
 廊下のガラス戸10枚と玄関のガラス戸を拭く。玄関を掃除しているときに父が帰ってきて「おお、ご苦労さん。きれいになったなあ」と言った。玄関のガラスには桟があるので、雑巾だけでは拭き取れない。つまようじを使って隅のごみを掘りださなければならない。腰に来た。熱37度4分。
 夜7時から「いちりき」の忘年会。満員。カラオケ大会。すごくうまい60歳くらいの女性がいて、これはプロのレッスンを受けたことがあるなと思った。美空ひばりの歌が絶品。あとでママに聞くと、高山にスナックを持っていて「飛騨のひばり」と呼ばれているらしい。
11時半帰宅。熱36度2分。平熱。

12月30日(水)曇 寒し
 朝、父が起きてこないので寝室をのぞくと、鼾をかいていたので起こさず、自分だけ先に朝食をすませる。父は9時に起きてきた。父の分には食卓傘をかけておいた。「朝、なかなか起きれんのは年寄りの我がままや」と父は自嘲的に言った。
 昼食のとき「寒いなあ、腰が痛おてかなわん」と父が言うので「僕も腰が痛い」と応ずると「お前なんか、まだ若いくせになんじゃ」と怒った。
「俺は母ちゃんの三回忌の連絡はしたかな」と言うので「ちゃんとしたよ。父ちゃんも物忘れがひどくなったなあ」と答える。「そうや、もう96やぞ。数えで言ったら97歳や」と自慢げに言う。
 午後、「アピタ」で買い物し、1時過ぎ帰宅。
 応接間のガラス戸4枚を拭く。ついでに部屋の掃除をしようと茶の間へ行くと、父が「寒いから止めとこう。正月だからって特にせんでもええ。年明けの温かい日にしよまいか」と言う。確かに寒い。掃除するあいだ父の居場所がない。
 部屋の代わりに台所の棚を拭き、ガス台の周囲を掃除する。
 4時にシルバーさんが来たので、教えてもらいながら重箱にお節を詰めた。今日がシルバーさん最後の日なので、畑で採れた里芋を全部茹でてもらう。正月の雑煮用。
 夜、DVD「ガンヒルの決闘」を見たあと「にしの」の忘年会。予定の二人が欠席したため6人。忍ママの妹の泉ちゃんが夫婦でやっている居酒屋から、どんどんつまみが届いた。11時帰宅。入浴。熱35度8分。下がり過ぎ。

■さて来年は
12月31日(木)小雪のち曇
 朝食後、洗濯。寒風がすごいので廊下に干す。1時間仮眠。熱36度9分。
 午後2時頃まで原稿書き。「アピタ」へ買い物に行くとすごい混みよう。一旦帰宅し、駅のキヨスクへ。明日元旦の笠松競馬の新聞を買う。
 帰宅して今月分の精算。今月はカーテン代や浄水器のカートリッジ、父の代わりに送ったお歳暮代など特別出費が多かったため13万2783円と10万を越えた。実際の生活費は7万5000円くらい。父に清算書を見せて説明すると「わかった。もうそんなめんどくさいことせんでもええ」と言った。玄関に門松の紙を貼る。
 夕食は、自分がぶりの照焼きを作り、あとはお節。
 夕食後、茶の間のカレンダー交換、神棚のお札交換。我が家の神社は恵那神社だと知る。昨年までは父がやっていたから知らなかった。
 夜7時、高校、大学の後輩・渡辺淳二が帰省しているので、紅白をBGMに花を引く。矢沢永吉が出てきたのには驚いた。
 深夜零時に帰宅。熱36度2分。平熱。
今年は大きな変化はなかった。さて来年はどうなるか。母の三回忌を終えたあとの父の精神状態が心配である。

すやの門松

(次回へつづく)


大島 一洋  (おおしま・いちよう)
1943年岐阜県中津川市生まれ。早稲田大学第一文学部美術専修科卒。
大和書房を経て、平凡出版(現マガジンハウス)に中途入社。「週刊平凡」「平凡パンチ」「ダカーポ」「鳩よ!」などの雑誌および書籍編集にたずさわり、2005年定年退職。現在はフリー編集者&ライター。著書に『芸術とスキャンダルの間』(講談社現代新書)。
 
 
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.