そら飛ぶ庭
   

介護日記
2009.2.9      
母の一周忌法要

父「俺は100歳まで生きるぞ」

自分、ガンマGTP566に上がる
大島  一洋 

■何を食ってもうまい

1月1日(木)晴
 午前7時半起床。室内温度1度と寒い。自分で雑煮を作る。わが家の雑煮はちょっと変わっている。鰹節で出汁をとり、鰹節を引き上げたあと、ほんだしをスプーン一杯入れる。そこへあらかじめ煮ておいた里芋と餅を投入し、餅が柔らかくなるまで煮る。箸が通るくらいになったら、お椀に取り、上からさらに鰹節をのせる。これで出来上がり。つまり、餅と里芋と鰹節だけ。これがうまい。
 新聞を読みながら洗濯。陽が射して温かくなった。10時に熊崎が迎えに来て、高木、柘植を拾って、恵那にある笠松競馬の場外馬券売り場へ。昨年の元旦と同じだ。午後3時までやってマイナス2000円くらいか。ローカル競馬は固いのでトリガミ(的中してマイナス)が多い。父の昼食は一人で好きなようにまかせた。トーストを食べたようだ。
 「アピタ」の前で降ろしてもらい、まぐろとねぎを買う。夕食はねぎま鍋。食事中に父が「体調がいいせいか、今は何を食ってもうまい」と言う。すごい元気。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(3)(4)を見たあと読書。

写真
場外馬券売り場


1月2日(金)晴のち曇
 雑煮を作る。朝は寒いが昼は温かい正月だ。
 午後、一人で西宮神社へ初詣。街を散歩。日の丸だらけだ。
 帰宅して原稿読み。父が仏壇を開け、何かぶつぶつ母に話しかけているのが聞こえた。
 夕食は父の友人が届けてくれた筑前煮を煮直し、おせちと吸物、りんご。父は食べ物にあまり文句を言わなくなったので助かる。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(5)を見たあと原稿読み。

1月3日(土)晴
 午前、午後と原稿読み。
 夕食は牡蠣みそ鍋。父が「ひさしぶりやなあ」と言う。5日前に食べたばかりなのに。
 夕刊のない日だが、父は廊下を「おいっちにい、おいっちにい」と掛け声をかけて歩き、玄関の郵便受けを確認に行った。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(6)を見たあと「にしの」。11時帰宅。

写真
元旦の日の丸
写真
西宮神社


1月4日(日)晴
 午前中「ごとう理髪店」。首筋が寒い。
 午後、原稿読み。
 夕食は鮭焼き、おせち、吸物、りんご。明日からヘルパーさんが来てくれる。なんとか8日間を乗り切った。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(7)(8)(9)(10)を続けて見たあと読書。

■生への執着

1月5日(月)晴
 朝食後、洗濯。原稿書き。
 午後、三洋堂へ行き、DVD5本借りる。帰宅して原稿書き。
 夕食はヘルパーさんにカレーライスを作ってもらう。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(11)を見たあと「にしの」。忍ママは着物だった。「いちりき」に寄って、11時半帰宅。

写真
「すや」の門松


1月6日(火)晴
 午後、父の寝室、茶の間に掃除機をかける。これを週に一回やらないといけない。きれい好きな父は掃除好きだが、掃除機をかける体力がもうないので、自分が気を使っている。
 夕方、父に電話があり、5歳下の友人が死んだらしい。「みんなどんどん死ぬなあ」と言うので「父ちゃんの95歳は生き過ぎや」とからかうと「何を言うか、俺は、100歳まで生きるぞ、100歳まで生きるんや」と怒鳴った。怖ろしいくらいの生への執着心である。でなければここまで生きられるはずがない。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」Iの(12)を見たあと読書。

1月8日(木)晴のち曇
 午前7時半起床。父は8時過ぎに起きるようになったので、朝食は二人分作って、自分だけ先に食べる。自分の食事が終わるころに父が現れて食べ始める。以前は朝の大根おろしが父の役目だったが、今はそれすらしない。あとで台所へ行ってみると、ストーブがつけっぱなしになっていた。危ない。
 夜、原稿書きのあと読書。

写真
アネモネ


1月10日(土)曇時々晴
 西宮神社のお祭、十日市で町中がすごい人出。屋台もぎっしり。いつも人の少ない町なのに、どこから湧いてきたかと驚くほどの人々。でも人口9万弱の町だから不思議はない。人混みを避けて三洋堂と喫茶店「夢」。
 「アピタ」の中にある「まるみ薬局」で同級生の丸山明美に血糖値を測ってもらう。最近やたらと喉が渇くので糖尿病の心配がある。血糖値は137。昨年は114だったから上がっている。塩分のとり過ぎや酒の飲みすぎでも上がる、と丸山に言われる。一度可知医院で血液検査をしてもらったほうがいいとの忠告。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」IIの(1)(2)(3)(4)を見る。完全にはまってしまった。

1月11日(日)曇
 午前7時半起床。寒い。室内温度0度。
 午後2時、「熊谷整体」。脚のふくらはぎと首がおかしい。治療はわずか10分で終わったが、かなり楽になった。
 夕食は、また牡蠣みそ鍋。これさえ作っておけば父は満足する。
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」IIの(5)(6)(7)(8)(9)を見る。

■糖尿病疑惑

1月12日(月)雪のち曇 成人の日
 朝、玄関を開けると一面の雪。道路へごみを出す日だが、坂道が滑って危ない。
 朝食後、坂道の雪かき。
 午後、図書館と喫茶「夢」
 夜、DVD「プリズン・ブレイク」IIの(10)(11)(12)を見たあと「にしの」「ボンズ」とはしご。11時に帰宅して入浴。午前0時半就寝。

写真
今年初の大雪


1月13日(火)雪のち曇
 本日より塩分を控えるため、自分だけ漬物と佃煮を食べないことにする。田舎に来てから2年余、塩分を摂り過ぎている。これでは腎臓をやられる心配がある。
 天気は悪いが洗濯をして廊下に干す。
 夜、「プリズン・ブレイク」IIIの(1)(2)(3)(4)を見る。さすがに飽きてきた。アメリカではIVが放映中とか。もう止める。「いちりき」へ。11時帰宅。「ラジオ深夜便」。

1月15日(木)晴
 昼食時、父が「最近えろう物覚えが悪うなったが、これはボケか」と聞くので「老人性のボケや」と答えると「そうやな、95歳やもんなあ」と一人ごちた。最近、頻繁に同じことを聞く。最初は認知症かと思ったが単なる老人性のボケが出てきたということだろう。でも、ボケてきたことが自分自身でわかるというのがすごい。
 午後、父の寝室、茶の間、和室に掃除機をかける。
 夜8時、還暦合唱団。終わって「かかし」で新年会。参加者9人。11時半帰宅。入浴。

写真
還暦合唱団


1月16日(金)晴
 お昼過ぎ、弟到着。明日、母の一周忌法要なので、二人で打越の墓掃除に行く。雪が残っていた。これも風情なので墓石と踏み台の所だけ除雪する。墓花を活けたが明日までに氷ってしまうかもしれない。
 歩いて帰宅し、長靴にはき替え、畑の里芋を掘る。弟が鍬で掘り起こし、自分が芋を整理した。5株ほどしか残ってなくて、たいした収穫はなかった。洗って干す。
 やがて弟の妻や父の孫たちが5人来て仏壇に線香をあげる。夕方6時に彼らが泊まっている「プラザホテル栄」ロビーで待ち合わせる。
 父にカレーライスを食べさせ、自分は少し食べて、ホテルへ。「いちふみ」という居酒屋の個室を予約してあったので、東京組8人で夕食。二次会はカクテルバー「シャノワール」。10時半過ぎ解散。

写真
母の一周忌に集まった東京組の食事会


■20人集まる

1月17日(土)晴
 午前10時過ぎ、父とタクシーで菩提寺・東円寺へ。控え室には、すでに本家の人たちが来ていた。どんどん集まってきて、予定通り20人揃う。ご仏前はすべて自分が預かって喪服の内ポケットに入れる。
 11時から本堂に移り、坊さんの読経始まる。本堂は暖房がないので寒い。焼香をすませ、待機していた料亭「一岳」のバスに全員乗る。打越の墓へ行き、線香をあげる。幸いに墓花は昨日のまま新鮮だった。
 正午、「一岳」で昼食会。四十九日のときとすべて同じ。
 午後2時半に終了し、バスで駅まで。ここでほとんどが降りた。父と自分は東町まで。
 帰宅後、清算をする。母の一周忌用に父から15万円預かっていたが、出費は13万8248円。「一岳」は父が払った。12万3000円。合計は約26万円。ご仏前の香典がちょうど26万円。お布施が3万円。その他の雑費を含めると5万円くらいの持ち出しか。無事終了。ほっとする。
 今日はヘルパーさんをキャンセルしてあったので、夕食は6時頃に、かぼちゃ煮と干物を焼き、吸物で簡単にすませる。
 夜、DVD「アメリカを売った男」を見たあと「にしの」へ。久し振りの感じがする。
 11時半帰宅。「ラジオ深夜便」午前0時半就寝。

写真
東円寺本堂での母の一周忌の法要

写真
「一岳」での昼食会


1月19日(月)曇
 午後、東円寺へ古い卒塔婆を返しに行く。墓の卒塔婆立てが満杯になってしまったからだ。お寺で焼いてくれる。東円寺へ上る坂がつらかった。心臓に来た。歳のせいだろう。
 夜、DVD「スタンド・バイ・ミー」を見たあと読書。「ラジオ深夜便」。

1月20日(火)曇
 朝食の準備中に可知医院へ順番取り。父の定期健診。14番だった。父は10時頃出かけ、11時には戻ってきた。「どうやった?」と聞くと「ただ血圧計って薬の処方箋をもらうだけや」と答えた。可知先生は多分、父の元気なのに驚いているはずだ。
 夜、DVD「悪い奴ほどよく眠る」を見たあと読書。

1月21日(水)曇
 午前中、寒中見舞いのはがきを40枚書く。
 昼食中に、父が「俺は何でも一人でできるで、お前、一度東京へ帰ってきたらどうや」と言う。こういう時が一番危ないような気がする。東京へ行ってもすることがない。仕事はすべてこちらのパソコンでやっているからだ。父を一人にすると食事がいい加減になる。元気でいられるのは食事の内容がしっかりしているおかげだと思う。
 夜、DVD「生き物の記録」を見たあと読書。

写真
薔薇とカスミソウ


1月23日(金)晴
 午後、父の寝室、茶の間などに掃除機をかける。
 夕方6時、可知医院へ。自分の血液検査。血糖値は101、ヘモグロビン5・6。正常で糖尿病の疑いは晴れた。尿検査でも蛋白は下りてなく腎臓も大丈夫。ではなぜ喉が渇くのか聞くと「多分、酒の飲みすぎでしょう」と可知先生に言われる。肝臓の検査結果は来週出る予定。血圧が150−90と今までになく高いのが心配だが、ちょっと風邪気味のせいだろうとのこと。体中が熱っぽい。
 夜、DVD「用心棒」を見たあと読書。

1月24日(土)曇のち晴
 朝食後、ふとんに入って再就寝。体の熱っぽさはなくなっていたが、こたつでうたた寝すると風邪気味になることがわかったので、ちゃんとふとんで寝る。午前11時起床。
 「アピタ」へ買い物に出かけた以外は部屋にじっとしていた。
 夜、DVD「椿三十郎」を見たあと読書。
 父が寝る前に、母の仏壇に「かあちゃん、お休み」と声をかけるようになった。

写真
母の仏壇に線香をあげる父

■辛い減酒

1月26日(月)晴
 午前11時、ケアマネ垣内さん来。月末の定例面談。父が元気過ぎるので、来月の介護申請で介護1に下がるかもしれない、と言われる。
 午後、読書。
 夜、DVD「めぐりあう時間たち」を見る。二度目だがやっぱりよくわからない。読書を続ける。午前0時半就寝。

1月27日(火)晴
 午後、三洋堂でDVD5本借りる。図書館で書評用の資料を2冊借りる。
 夜、DVD「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を見る。
 父は寝る前に、台所と茶の間をチェックしているようだ。「ガスの元栓よし、ストーブよし。テレビ切った、こたつ切った」と声を出して確認している。ボケて忘れることを心配しているのだろう。
 「にしの」に顔を出して11時帰宅。「ラジオ深夜便」。

写真
「にしの」のママ忍ちゃんの正月着物姿


1月28日(水)晴
 午前10時、可知医院。自分の血液検査の結果が出た。なんとガンマGTP566。上がり過ぎだ。そんなに飲んでいるだろうか。歳のせいかアルコールに弱くなったことは確か。夜の酒場通いを止めることにする。
 夜、DVD「ナイト・ウオッチ」を見たあと読書。缶ビール一本と焼酎水割り一杯でセルシン、デバスを服んで就寝。眠りが浅く、何度も目が覚めた。

1月29日(木)晴
 朝食後、眠くてたまらず最就寝。10時半に起きた。
 午後、銀行へ行き、東京へ生活費を振り込む。
 夕食時、我慢できずに缶ビール一本飲む。
 夜、DVD「デイ・ウオッチ」を見たあと原稿書き。
 寝る前に缶ビール一本。焼酎水割り一杯で、セ、デを服んで就寝。

写真
着替える父


1月30日(金)曇
 朝食時、父に「父ちゃん、今日は歌会やね」と言うと「お前、なんでそんなこと知っとる」との答え。もう数日前から「30日は歌会で午前中に出かけて昼飯はいらんからな」と何度も聞かされていたのに忘れている。
 父は10時半に迎えが来て出かけた。
 昼食は一人でそばを茹でて食す。父は夕方4時に帰ってきた。
 夜、DVD「アース」「海は見ていた」を見たあと原稿書き。
 缶ビール二本、焼酎水割り一杯で、セ、デを服んで就寝も眠れず起きる。頭が痒くてならないのでシャワーで洗髪。午前2時就寝。

1月31日(土)曇
 朝食後、最就寝。10時半起床。これですっきりした。
 午後、図書館へ本を返却後「夢」でコーヒーとスポーツ新聞。「アピタ」で買い物をしたあと2時帰宅。明日、廃品回収の日なので、雑誌、新聞、ダンボールをまとめて玄関脇に積む。朝8時に門の所まで出さなくてはならない。
 1月分の生活費の精算。一日平均1900円だった。よくやってるほうだと思う。
 夜、DVD「真昼の決闘」を見たあと原稿書き。10時半入浴。缶ビール二本と焼酎水割り一杯。セ、デを服んで午前0時半就寝。
 今月は、母の一周忌があった以外は、特別な変化なし。

(次回へつづく)


写真
ろう梅
写真
花キャベツ



大島 一洋  (おおしま・いちよう)
1943年岐阜県中津川市生まれ。早稲田大学第一文学部美術専修科卒。
大和書房を経て、平凡出版(現マガジンハウス)に中途入社。「週刊平凡」「平凡パンチ」「ダカーポ」「鳩よ!」などの雑誌および書籍編集にたずさわり、2005年定年退職。現在はフリー編集者&ライター。著書に『芸術とスキャンダルの間』(講談社現代新書)。
 
 
【 私の介護奮闘記 「田舎日記」 掲載記事一覧 】
Vol.31 2009年2月1日〜2月28日
介護か共同生活か。父の「指差し確認」。自分の減酒努力
本文を読む
Vol.30 2009年1月1日〜1月31日
母の一周忌法要。父「俺は100歳まで生きるぞ」。自分、ガンマGTP566に上がる
本文を読む
Vol.29 2008年12月1日〜12月31日
父、認知症の気配。自分、ヘルペス発症。一人で年末大掃除
本文を読む
Vol.28 2008年11月1日〜11月30日
父、身辺整理始める。自分、体調不安。初雪降る
本文を読む
Vol.27 2008年10月1日〜10月31日
父、元気だが、嫌な予感。母の一周忌日程決まる。一年振りの上京
本文を読む
Vol.26 2008年9月1日〜9月30日
父、95歳の誕生日。足の浮腫みひどくなる。48年振り、恩師に会う
本文を読む
Vol.25 2008年8月1日〜8月31日
平穏な日々続く。父、オリンピックに興味なし。事故示談金、保険屋の払いしぶり
本文を読む
Vol.24 2008年7月1日〜7月31日
父、腸閉塞再発で入院。母の初盆行事終わる。孫と初めて会う
本文を読む
Vol.23 2008年6月1日〜6月30日
父、驚異の回復力。頭痛は降雨の前兆。父の歌集、出来上がる
本文を読む
Vol.22 2008年5月1日〜5月31日
自分、退院。父、退院。頭痛の日々
本文を読む
Vol.21 2008年4月1日〜4月30日
父、腸閉塞の手術。自分、交通事故で入院。看護の連携、成功する
本文を読む
Vol.20 2008年3月1日〜3月31日
介護保険更新手続き。父の体調、完全復活。後期高齢者医療制度の問題
本文を読む
Vol.19 2008年2月1日〜2月29日
父救急車で運ばれる。母預貯金の整理。四十九日法要
本文を読む

Vol.18 2008年1月1日〜1月31日
母、急死す。有料老人ホームへの疑惑。父、体調崩す

本文を読む

Vol.17 2007年12月1日〜12月31日
おむつ代、月に2万円。母のリハビリ始まる。父、椅子から転落
本文を読む
Vol.16 2007年10月27日〜11月28日
肛門から便をほじくり出す、父退院、胃腸に異常なし。母、養老院で肺炎になる
本文を読む
Vol.15 2007年10月10日〜10月26日
帰郷一年、同じ日に父再入院 「お元気ですか」「もう死んどる」 母、老人ホーム入居決定
本文を読む
Vol.14 2007年9月1日〜10月9日
母が退所、自宅介護に 父は賞味期限切れの紅茶を平気で飲む ガンマGTP3倍に跳ね上がる
本文を読む
Vol.13 2007年 8月
「自分の過去がとおいとおい山の向こうに」 「もう人間やめとうなった」 母、平行棒を使えば歩けるように
本文を読む
Vol.12 2007年 7月
施設の夏祭りはボランティアの踊りから 父と母は寄り添ってアイスを食べる 「あんた、ちゃんと仕事いっとるの」
本文を読む
Vol.11 2007年 6月16日〜30日
「協力して、おだやかな生活を心掛けたいのです」 父に手紙を書いて、置いておく 母はボケても面白いキャラ
本文を読む
Vol.10 2007年 6月〜15日
蓋に錐で穴をあけ、ペットボトル・シャワー考案 ぐっしょり濡れた母のオムツを替える 台所で、10センチほどのムカデ発見
本文を読む
Vol.9 2007年 5月
「もうあかん、お迎えがくるー」母が脳梗塞で入院 激しい怒鳴り合いを父とする
本文を読む
Vol.8 2007年 4月
「頭んなかが半分にへってしまったみたいや」「それがボケや」 母の介護度3に上がる
本文を読む
Vol.7 2007年 3月
人間一代なんて、あっというまや 介護保険の更新手続き半年ごとに 能登半島で地震、中津川も揺れる
本文を読む
Vol.6 2007年 2月
父の相手をするため囲碁を習う 中津高校の同窓会に出席 自室の窓から「鬼は外」
本文を読む
Vol.5 2007年 元旦から1月末まで
母、深夜の屋内徘徊 普段と変わらぬ正月 大島家伝統の単純雑煮
本文を読む
Vol.4 2006年 大掃除、そして年越し
弟との交替介護に父 不快感示す 「 あんたなんかに、 ツベコベ言われんでもええわ 」 と母怒る 一人さみしい大晦日
本文を読む
Vol.3 2006年
「なんや、わてがおらんほうがええのか」と、母 介護認定で、父は3、母は2 下血で精密検査
本文を読む
Vol.2 2006年 父退院
「あんた、誰やね」退院の父に、母 ヘルパーさんに日曜を除いて毎日来てもらう 転ぶのが一番あぶない
本文を読む
Vol.1 2006年 父93歳、母88歳
携帯の留守電に父の声が3回 故郷に45年ぶりに帰る 父母と暮らす決意
本文を読む
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.