【昭和の庭】昭和の思い出交差点
2008.04.07
「青春の門」で伊吹信介がカオルと会った街 のん兵衛でにぎわった緑苑街、たけしも飲んでいた ゲイクラブの草分けは京都の先斗町?
長宗我部友親
 
 美しい街の条件として、水が流れていることをトップに挙げていた環境学者がいたが、 京都の街も水がきれいだ。四条小橋の橋の上に立つと、その下をさらさらと水が流れていた。その突き当りにおいしいべったらずけをしこたま樽に仕込んだ漬物屋があった。
 
京都に走りのゲイクラブ
 
写真
 
新宿御苑
>>写真拡大&続きを読む


 取材記者になりたてのころ、日本の潮流に大きな変化が起こって、風俗系もその影響外ではない、と考えて京都にその兆しを見に行った。先斗町の一角に、男が女装して客を楽しませるクラブができているとの情報があったためである。万国博が大阪の千里丘陵で開かれる少し前のことだ。
 京阪電車の特急に淀屋橋から乗り込んで、京都四条駅で降りた。ホームに立つと、鴨川から吹きあがってくる川風がスッとほほを通って行った。京阪電車の駅を降りるとすぐその前が顔見せのある南座である。
 鴨川沿いと、その南座の裏側あたりはもう歓楽街になっている。まだ時間は早かったがさっそく、アポイントを入れていた店の戸をノックした。「あら、早いのね」と言って男がドアを開けてくれた。そのまま男はまた、カウンターに座って、黙って、毛抜きで器用にひげを一本一本抜いていた。
 この店が、日本のゲイバーの走りで、この男が芥川賞作家の作品にも登場してくる、母親を慕って、その腰巻をお守りのように大切に抱いている「ゲイ」として描かれていた。この小説は「夕暮れ族」という流行語も生んだ。
 男はわざわざ大阪から取材にやってきた記者のために男は、化粧が終わった後、ダンスを一曲踊ってくれたが、ほほをヌメっとなめられてぞくっとした。サービスのつもりだったらしい。新宿二丁目が、今のようにゲイの代名詞のように言われるようになったのはまだずっと後のことである。
 
売春防止法
 売春防止法ができたのは昭和31年だ。だから五木寛之の「青春の門」で、いしだ・あゆみの演じるカオルが伊吹信介に会ったりした二丁目のにぎわいがあったのは、売防法までのことである。新宿二丁目の管轄は四谷署であった。だから今でも、新宿ゴールデン街の交番も、二丁目の交番も管轄は四谷署である。
写真
   
新宿伊勢丹前の交差点。
>>写真拡大&続きを読む


 二丁目は赤線で、新宿ゴールデン街のあたりは青線と呼ばれていた。二丁目の一角には新宿御苑に沿った感じで「緑苑街」という長屋のような飲み屋街があって、のん兵衛たちが集まる飲み屋としてはこの緑苑街の方がにぎわっていた。
 
写真
 
「新宿緑苑園街」の入り口が、かってあったあたり。
>>写真拡大&続きを読む

   
 
ヌードスタジオ
 赤線が閉鎖になった後の二丁目には、ヌードスタジオというのがたくさんできた。赤線で働いていた人たちは、故郷に帰った人のほかは、あちこちでおでん屋や、屋台風の飲み屋をやったりした。
 だからこのヌードスタジオは経営者は別として働いていたのは、新たにこのスタジオのために雇われた人たちだったようだった。何をするかというと、呼び込みの女の子に誘われて入っていくと、赤い電灯のついた小さな部屋で、女の子が客の前に立って画用紙と赤鉛筆のようなものを客に渡す。そして女の子がどこまで脱ぐかの交渉が始まる。その脱ぎ方で値段が変わってくる。脱いだら決められた時間内で、その女の子の写生をするのである。当然のように次第しだいにこのヌードスタジオは人気がなくて消えていった。
写真
 
「新宿二丁目」の中心になっている通り
>>写真拡大&続きを読む

   
写真
 
新宿二丁目の「公園」
>>写真拡大&続きを読む

   
 
気がついたらゲイの街
 ずっとにぎわっていたのは、緑苑街の方で、この中にはまだ若い芝居関係の人たちや漫才作家の卵らがやっていた店もあった。その中に「らいおん丸」という名の店があり、ここは漫才関係の客でよく込んでいた。そして、ビートたけしが、浅草での出演が終わってからやってきていた。
 また、二丁目に新しくでき始めていたスナックのひとつで明石やさんまが飲んでいた。ほっと一息ついているという感じで、彼は静かにじっと一人で飲んでいた。出演中のあの騒がしさの印象は全く感じられなかった。
 二丁目が、ゲイの代名詞みたいにいわれだしたのはここ10年ほどで、どうしたことか次々とその筋の店が集まってきた。流れとしては歌舞伎町のほうが早かったのだが、気が付いたら二丁目はそうなっていた。
 
 
 
イラスト 長宗我部 友親  (ちょうそがべ・ともちか)
親房系長宗我部家の十七代。通信社の記者を経て、現在株式会社企画の庭の代表取締役。著書に『なごやの忘れもん』、『街かど経済入門』などがある。
【昭和の思い出交差点 掲載記事一覧 】
新宿二丁目の幻影 本文を読む
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.