【長宗我部の庭】日本の城めぐり
2010.3.1

「金」のシャチホコと
中日ドラゴンズ

名古屋城は大阪城、熊本城と並び3大名城

長宗我部友親

写真

 「名古屋人の誇りはなんといっても金のシャイホコと中日ドラゴンズです。」
 と、名古屋に住むことが決まったら、「ご餞別の代わり」ということで忠告された。

 忠告というのは穏やかではない。しかし、そうなのである。この二つ。つまり名古屋城と中日ドラゴンズをけなしたり虐めたりしては絶対にいけないのである。そのとたんに名古屋の人々とのお付き合いの輪からははじきだされるのです。

 名古屋の象徴はなんといっても、あのすばらしいお城の屋根の上で燦然と輝く 金のシャシホコであるのです。また中日ドラゴンズもこれまた名古屋人の心の中で光っている心の支えなのです 。

 名古屋は徳川幕府にとって、西からの攻撃に対する重要な備えの位置にあった ため、御三家のひとつを配し、さらに城も大阪(大坂)城、熊本城と並ぶ日本三大名城といわれるものを完成させた。

写真
小天守と大天守の連結式天守閣

 大坂の陣が終結し、ようやく天下をわが物にした徳川家康にとって、まだまだ 不安だったのは、島津、毛利などの西方の勢力である。

 だから、家康は加賀の前田利常らに命じて、各方面に何段階もの城門を作るな ど、名古屋城の備えをあつくしている。ところで、この名古屋城の金のシャチホ コが何枚か盗まれるという事件があり、住民をびっくりさせたことも、かつては あったのですが、ご存知でしょうか。

イラスト 長宗我部 友親  (ちょうそがべ・ともちか)
親房系長宗我部家の十七代。通信社の記者を経て、現在株式会社企画の庭の代表取締役。著書に『なごやの忘れもん』、『街かど経済入門』などがある。
 

 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.