【わんにゃんの庭】
2007.04.09
Vol.3 赤ひげ先生インタビュー 「 わんの健康 」第3回  オオカミに体型が近い方が長生き 雑種が一番強い 1,2年介護が必要になるかも
 取材協力 : 香西獣医科医院 院長・香西圀夫 氏
祖先はオオカミ
Q : もともと、犬っていうのは 何を食べてたんですか?
赤ひげA : 老犬のハチ君。ナナの元恋人です。
 自然界ではやはり牙があるから肉食ですよ。自分より小さい動物を、ウサギとかね、鳥を獲ったりして。猫だってそうだよね、猫が魚を獲るなんて、そう簡単じゃない。人間が飼ってたから、魚やるんで。やっぱり本当はねずみとかを捕ってた。
  だから、犬は学問的には、パーkgあたり人間の倍くらい、塩分摂らなきゃいけない。肉食の胃はね、塩酸が強いから。ただ、日本人の摂る塩分は人間としては多いよね、血圧が気になる。
 わんちゃんは血圧は測れないしね。まあ、実験的に麻酔かけてやれば測れるものはあるんだけど、われわれ人間が今やってるみたいには測れない。それこそ高血圧だなんて、僕が飲んでるような薬を出さなくちゃいけなくなっちゃう。でも同じ哺乳類だから、そうなってもおかしくない。
 
中型犬の平均寿命は15年
Q : どのくらい生きるんですか。
   例えば痴呆症みたいに老化してグルグル廻るようになってから。
赤ひげA :
 頑張るワンちゃんなら、一年、二年とか。でもいろいろだよ。
 
Q : 最近の犬の平均寿命は13年ぐらいとか。
赤ひげA :
 いろんな犬がいるから、まちまちだけど、中型犬が一番長くて、15年くらいかな。もうすこし頑張るのもいるけど。
 
Q : 犬種によって違うんですか?
赤ひげA :
 大型犬はもっと短い。中型犬でも純粋に近い。純粋っていうのは、「 なになに犬としての純粋 」 ではなくて、元の犬に近い 「 犬としての純粋 」。色々改良した犬は近親繁殖だから、また違う。雑種っていうのは手をかけないから、何匹か生まれると、ちゃんと遺伝子がうまくあってるのと、うまくいってないのが出てくるんだけど、自然淘汰の中で強いのが生き残る。生まれてまず、おっぱいを飲むときだって、おっぱいに張り付けないのはどんどん死んでいく。
 人間がいれば入れ替えて飲ませてやるんだけどね。それで強いのが生き残る。だから、雑種で縁の下から出てきたようなのは、それに勝ってきてる。当然その前に死んでる犬もいるわけだ。雑種はだから、ずいぶん強い。
ナナちゃん一家。左がナナ、中央がレオ。そして右がナナ夫婦の一人娘のセンです。
 
 長生きするのにも、元があるわけ。人間だってそうでしょ、こうしたら、ああしたらっていうけど、何もしなくたって長生きする人はいる。うちのばあさんも、99歳で死ぬ日まで電話かけてたよ、アメリカにいる孫にね。本当にただ、ちょっと朝、元気がないなと思ったら、それから少し休んでフーっと亡くなった。それまで何やってたかって言えば、まったく普通の生活。
  わんちゃんでも一緒。大体5歳過ぎてくると何か出てくる。ただ総体的に、近親繁殖は特別な能力にだけ集中して、他の部分は無視して作ってるから弱い。だからシェパードなんかは10年もったらいい。
次回に続く
 
【 わんにゃんの庭 掲載記事一覧 】
赤ひげ先生インタビュー 「わんの健康」
【第4回】介護はサークルの中がよいかも 家族と同じ食べ物が原則に わんにも規則正しい生活を
本文を読む
赤ひげ先生インタビュー 「わんの健康」
【第3回】オオカミに体型が近い方が長生き 雑種が一番強い 1,2年介護が必要になるかも
本文を読む
赤ひげ先生インタビュー 「わんの健康」
【第2回】 伸びた動物の寿命 もうひとり子供ができたと思って育てるのが一番 介護がわんにゃんにも必要に
本文を読む
赤ひげ先生インタビュー 「わんの健康」
【第1回】 室内で飼われるようになって長生きに 一定の塩分は必要 自然のものが一番健康によい
本文を読む
車椅子の黒べえ
車椅子で新緑の下再び散歩 黒べえ介護の1年 名古屋転勤で初の飛行機旅行も
本文を読む
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.