応募小説


あの日は永遠に
−軽井沢洋館物語
                     小暮 博道

あれはもう40年以上も昔になろうか。

そのころ私はこの県の北部にある、有名な避暑地の近くの開拓農家の少年として時代をすごしていた。
村はずれの、白樺林の連なる、いったいは古くからの、別荘地で、あたりには、しゃれた別荘がいくつも立ち並んでいた。

私は当時、胸を病んで、自宅で療養中だった。
当時私は、自然に囲まれた、中で、体調がよいときは、外に出ては、散歩したり、自宅の軽い農作業も手伝っていた。

しかし、心は晴れずいつも鬱屈としたものだった。
青春時代真っ最中というのにこの体たらく。受験勉強も遅々としてはかどらず悶々としていたのだった。

これから先どうなるのだろう、病気は軽度で進行も止まっていたし、第一、入院するほどでなかったことからも、軽い程度のものだったことは今となっては理解できる。
しかし、当時は青年期特有の憂鬱症?で、深刻に悩んでいたのではあった。
さてそんなある初夏の日、私は、散歩の途中、いつもは、空家の一軒の洋館に、人の気配があるのに気がついた。

その洋館は何でも明治時代に、さる伯爵家の別荘として当てられたものだそうで、しゃれた、ステンドグラスがはまった瀟洒なつくりのものだった。
しかし長い間その館に火がともるのを見たこともなかったし、避暑に訪れる人もいなかった。
私は気になり立ち止まり、ふと玄関を覗くと、そこに、一人の婦人が立っていてこちらを見ていたのだった。

あわてて目を伏せると、その婦人は、にっこり微笑み、手招きをした。
「あなたこのあたりの地元の方ね?」
近づくと、婦人は、避暑に来たのだが、このあたりのことがよく分からないので教えてほしいというのだ。
私は中に招じ入れられ、いろいろ教えて差し上げたのだった。

そして「ちょっと待ってね。コーヒーを入れて差し上げるから」というのだ。
コーヒー、そう、そんなものがあることくらい田舎の野生少年の私も知ってはいた。
しかし飲んだことなんてまったくなかった。
私は、夫人が、湯沸しから注ぐ、馥郁たる香りに、陶然となった。

そのときおくの廊下に一人の少女がたたずんでいるのを見たような気がした。
それともそれはわたしの単なる幻覚だったのか?

「これは、モカというコーヒーよ」
しゃれたマイセンのカップを差し出すと、私は艶美な世界へと引き込まれるのだった。
「モカには、なぜかマイセンがにあうのよ。」
婦人はそんなことも言うのだった。
田舎の少年にそんなこと言っても分かるはずもないのにである。
コーヒー。それも本場のそれを本格的に入れてくれたのを飲んだのはまさに天にも昇る心地だった。

次の日私は再びその洋館の前を例のごとく散歩でとおりかっかった。
こっそりのぞいてみると、なんと、昨日見たあの少女がいるではないか。
私は思わずアット声を上げてしまった。
するとその物音に気づいた婦人が
ちらとこちらを見やって、あら昨日の方ねといって
玄関に回りドアを開けてくれたのだった。

紹介するわ、私の娘で、雪奈というのよ、
仲良くしてね。

私はまじまじとその娘の顔 を見ていた。
長い髪をたらした、玲瓏とした顔色、
笑うでもなくといって悲しむのでもなく、
あくまでも透徹とした少女がそこにはいた。

紹介されるとその少女はにこっと微笑んで私をまぶしそうに見ていたっけ。
今はもう、遠い日の幻像である。
雪奈は体が弱くてね。こうしてこの別荘にこられるのも初めてなのよ。
せいぜい仲良くしてやって頂戴ね。

私は、どうしたらよいのか分からなかった。
フランス風の衣服に身を包んだ、おにんぎょうさんのようなこの少女。
お金持ちの伯爵様のお嬢様。

いくら私が子供でも、来てはいけないことぐらい分かっていた。
彼女は私にピアノを聞かせてくれるというのだ。
別室の楽堂に行くとそこには典雅なピアノがあり、
彼女は早速弾いてくれた。

いったいそれはなんという曲なのか、私に分かるはずも無かった。

それからというもの、私は日課のようにその別荘を訪れては、
雪奈さんと、散歩に行ったり、ピアノを聞かせてもらったりするのだった。

雪奈さんは、確か15歳だといっていたっけ。
何でも生まれながらに体が弱くて、
東京の自宅から出たことも無く、
学校も行ったことはないという。
籍だけは学習院に置いてあるのだというのだが。

そしてこの夏になってよっぽど調子が良くて初めてこの別荘に来たのだということだった。
ちょうど一人でさびしかったのよ、貴方のような人が居てくれて助かったわ。なんて
本人は言っていたっけ。

しかしある日のこと、私が別荘に行くと、そこはなんともぬけのから、
ひっそりとしていた。
何でもひとづてにきくと、
お嬢さんが急に具合が悪くなりあわただしく帰京していったのだという。
もちろんわたし風情に、連絡があるはずも無かった。

やがて夏は過ぎ去り、
そして、くらい冬が来て、春となり、また夏が来た。
私はすっかり病気も癒えて、婦人が来るのを待ち続けたのだった。

しかし、また秋が近くなっても、すっかり、枯葉になっても、もう二度とあの婦人と少女は
この洋館には姿を見せなかったのだった。

それから、洋館は、ずっと、今に至るまで、主もなく、ひっそりと立ち尽くしている。


短編小説応募作品です。企画の庭では今後も応募をお待ちしています。
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.
 
index2.shtml