2010.11.1 
道の歴史ーいにしえの陸路海路ー
 先人がつくった日本の歴史を、もう一度勉強してみることも、大切です。設問形式にしてみました。さあ頭の体操もかねて挑戦してみましょう。今回からは、道の歴史です。解答は文末にあります。
鍾乳洞 入り口

■おくのほそ道−芭蕉のいる風景

1) 元禄十二年(一六八九)、芭蕉は弟子の河合曾良かわいそらを伴って日光街道の起点【     】を発ち、『おくのほそ道』の旅へと向かった。

2) 現在の福島県内で芭蕉が立ち寄った【     】は、遅くとも大化改新頃には成立されていたとされる、古代の関所跡である。

3) 「松島や あゝ松島や 松島や」と芭蕉が詠んだ松島の美しい風景は、【     】【     】とともに、日本三景と呼ばれている。
 
4) 土地の人々に勧められ、「山寺」とも呼ばれる【     】を訪れた芭蕉は、「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」と詠んだ。

5) 『おくのほそ道』の終着点は、美濃国の【     】であった。


■おくのほそ道−芭蕉のいる風景

当回分の解答です。

1) (北)千住 2) 白河(白川)の関 3) 天橋立、安芸の宮島 4) 立石寺  5) 大垣

 「月日は百代はくたい過客かかくにして、行きかふ年も又旅人也」という名文で始まる『おくのほそ道』は、紀行本の傑作である。芭蕉は、全行程およそ二四〇〇q(資料により三〇〇〇qとも)を、約一五〇日間かけて歩いている。旅は難路悪路、天候と治安の悪さ、厳しい関所との闘いであった。春に始まった旅の終わりは、旧暦で八月二一日とあるが、新暦に直せばおおよそ十月四日、中秋であった。
                           (協力・セマーナ株式会社)

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.