2009.12.21    
安土桃山時代(2)
 先人がつくった日本の歴史を、もう一度勉強してみることも、大切です。設問形式にしてみました。さあ頭の体操もかねて挑戦してみましょう。今回は安土桃山時代です。解答は文末にあります。
鍾乳洞 入り口

■関ヶ原の戦い―勢力地図と布陣

1)五奉行を解任されていた三成は【    】を総大将とする西軍を組織し、大坂に住む諸大名の妻子を人質として挙兵した。

2) 会津攻めのため下野国【    】に駐屯していた家康は、三成挙兵を受け、従軍していた大名たちと軍議を開き、三成征伐を決定した(【     】評定)。 

3) 三成は西軍の前線である大垣城へ入っていたが、家康が大垣城を素通りして三成の居城【    】城へ向かう動きを見せたことから、関ヶ原に陣を構えた。

4) 戦を優位に進める西軍だったが、【    】隊、小早川隊、毛利隊は傍観した。

5) 総崩れとなった西軍は、石田三成、【    】行長、安国寺恵瓊が斬首された。


■関ヶ原の戦い 
―勢力地図と布陣【解答】

当回分の解答です。

1) 毛利輝元 2)小山 3)佐和山 4)島津 5)小西

 老獪な家康の天下取りに対する施策は、敵だけでなく味方となった武将に対する処置にも見て取れる。関ヶ原では徳川に味方したものの、信用できない豊臣恩顧の武将(外様大名)たちは、慣れた領国から遠い西国へ移封され、その空いた土地には子飼いの譜代や親藩を配置したのだ。家康から続いていく徳川250年の幕藩体制の礎は、この戦いで築かれていったといえる。

(協力・セマーナ株式会社)

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.