2009.12.21    
安土桃山時代
 先人がつくった日本の歴史を、もう一度勉強してみることも、大切です。設問形式にしてみました。さあ頭の体操もかねて挑戦してみましょう。今回は安土桃山時代です。解答は文末にあります。
鍾乳洞 入り口

■秀吉の全国平定―短命政権の理由

1)主君信長の訃報を聞いた秀吉は、交戦中の毛利氏と和睦を結び、【    】と呼ばれる驚異的な速さで軍を引き返すと、山崎の地で明智光秀を討ちとった。

2) 関白に就任した秀吉は、後陽成天皇から豊臣の姓を賜り、ついで太政大臣にも任ぜられると、全国の大名に戦闘停止を命じた【   】を出した。

3) 秀吉は【    】・浅野長政・前田玄以・長束正家・増田長盛を五奉行とし、実務を担当させた。

4) 天正16年(1588)、兵農分離、一揆防止のため【    】を出した。

5) 秀吉の命により、【    】【    】と二度にわたって朝鮮に攻め込んだ豊臣軍だったが、戦果を上げることなく秀吉の死後、撤退した。


■安土桃山時代 秀吉の全国平定
―短命政権の理由【解答】

当回分の解答です。

1) 中国大返し 2)惣無事令 3)石田三成 4)刀狩令 5)文禄・慶長

 豊臣政権は秀吉の死から20年ともたず、徳川家康の手によって大坂夏の陣であっけなく滅ぼされてしまったが、その要因はいくつか考えられる。第1に、切腹した甥の秀次など病没なども含めて近親の実力者をほとんど失っていたこと。第2に百姓から成り上がった秀吉には昔からの譜代の家臣団がいなかったこと。第3に、子飼いとして人材登用した石田三成ら文吏派と福島正則ら武断派との亀裂があったこと。第4に、朝鮮出兵によって多大な負担を強いられた大名たちに新たな土地などの褒美が無く、不満が溜まっていたこと、などが揚げられる

(協力・セマーナ株式会社)

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.