2009.10.05    
江戸時代 (8)
 先人がつくった日本の歴史を、もう一度勉強してみることも、大切です。設問形式にしてみました。さあ頭の体操もかねて挑戦してみましょう。とりあえず江戸時代からです。解答は文末にあります。
鍾乳洞 入り口

■大奥―秘められた空間 part3

1)表向きの政治にまで大きな発言力を持ち、大奥の基礎を作った女中が、明智光秀の家臣、斉藤利光の娘で、三代将軍家光の乳母となった【  】であった。

2)八百屋仁座衛門の娘から三代将軍家光の側室となり、のちに五代将軍綱吉の生母として権勢をふるったとされるのが【  】であった。

3)将軍の年回忌には、芝の増上寺とともに上野にあった【  】に、御台所の名代として大奥の御年寄が代参した。

4)芝居見物の禁を破り、増上寺への代参の帰途、木挽町山村座の役者・生島新五郎と密通した疑いで大奥から追放されたのが、御年寄の【  】であった。

5)八丈島へ流罪となった、4)の女性の減刑を嘆願したのが、六代将軍家宣の側室で、七代将軍家継の生母である【  】であった。


■江戸時代(8)
 大奥―秘められた空間 part3 【解答】

当回分の解答です。

1)春日局 2)桂昌院 3)寛永寺 4)江島(絵島) 5)月光院 

 現在のわれわれがイメージする華やかな大奥は、おもに幕末の大奥風俗とされています。大奥ではたびたびの奢侈禁止令にもかかわらず、浪費が繰り返され、幕府の財政を圧迫した。終身奉公で一生を大奥で過ごさねばならない女中は籠の鳥も同然で、唯一の楽しみは衣装道楽だったのかもしれません。

(協力・セマーナ株式会社)

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.