【趣の庭】沖縄・黄金(くがに)の庭
2009.8.17    
江戸時代 (1)
 先人がつくった日本の歴史を、もう一度勉強してみることも、大切です。設問形式にしてみました。さあ頭の体操もかねて挑戦してみましょう。とりあえず江戸時代からです。解答は来週の月曜日です。
鍾乳洞 入り口

■江戸の風景―開府400年の移り変わり

1 )武蔵国の国人・江戸氏の拠点だった江戸に、室町時代(十五世紀中頃)、初めて本格的な城を築いたのは関東管領、扇谷上杉氏の家臣、【  】であった。

2 )天正18年(1590)、小田原攻めで北条氏を滅ぼした【  】は関東を平定。徳川家康には関東転封と江戸本拠が公表され、江戸城普請が命じられた。

3 )慶長5年(1600)、家康は天下を手中にし、同8年(1603)、【  】に就任。江戸城の本格的な建設及び城下町の整備を開始した。

4 )政治の中心となった江戸の改造工事は、外島(豊島)州崎や【  】入江の埋め立てなど大規模なものとなり、一方で日本橋を起点に街道が整備された。

5 )低地である江戸の水は飲料に適さなかったため、市中への水は【  】を水源とする玉川上水によって供給された。

6 )江戸城の造営は全国の大名を動員しての大土木工事で、六つの郭からなる大城郭が完成したのは三代将軍【  】のときであった。

7 )大名の江戸屋敷には、正式な住まいである【  】、隠退後の藩主や世嗣が住む中屋敷、郊外に設けられた遊興用の下屋敷の三つがあった。

8 )大名屋敷の庭園のうち、水戸徳川家の二代藩主光圀の【  】、五代将軍綱吉の側近柳沢吉保が築いた駒込の鎖【  】が江戸の二代庭園として有名だ。

9 )江戸城の完成とともに都市の発展がピークに達した江戸であったが、明暦3年(1657)の大火、別名【  】火事によって町の六割が焼失した。

10 )五代将軍綱吉によって、鳥獣などの殺生を禁止する【  】が発布された。

11 )元禄14年(1701)、赤穂藩藩主・浅野長矩が高家肝煎・吉良上野介央を斬りつけた場所は、江戸城内にあった大廊下、通称【  】であった。

12 )吉良邸に討ち入った47人の墓所は港区高輪の【  】にある。

13 )名奉行とわれる大岡越前守忠相が勤めたのは数寄屋橋門内(現・千代田区有楽町二丁目)の南町奉行所。遠山の金さんこと遠山左衛門尉景元が勤めたのは呉服橋門内(現・千代田区丸の内一丁目)にあった【  】奉行所である。

14 )江戸の行政全般を取り扱う町奉行の下には、世襲である与力と【  】が配属され、八丁堀に住み、町奉行の財政・人事や市中の見回りなどを行なった。

15 )池波正太郎の時代小説「鬼平犯科帳」で知られる長谷川平蔵は、現代の警察に当たる【  】の職に就いていた。

16 )武士や町人の遊興地として栄えたのが、明暦の大火後、日本橋から浅草に移転した【  】であった。

17 )江戸の武士教育は、五歳から七歳までに手習、七歳になると読書を始め、十歳までの間に四書五経、小学の素読を終える。十三歳くらいになると、御茶の水にあった【  】で素読吟味の試験を受けた。

解答は、次回(7/24)に掲載します。

(協力・セマーナ株式会社)

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.