北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
群馬県
茨城県
埼玉県
千葉県
神奈川県
東京都
静岡県
愛知県
岐阜県
三重県
新潟県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
国内旅行
諸藩見聞録
space.gif
第23回  【 三重県 藤堂藩(伊賀上野・津)・前編 】    
家康の信頼を、実力で得た藤堂高虎
spacer.gif
 関東の江戸に位置して西の要所、大阪城をにらむ徳川家康にとって、伊賀上野と伊勢の津(当時は安濃津)は戦略的に極めて重要な位置にあった。伊賀上野は京都、大阪、堺に近く、そして津は伊勢の海上から京都、大阪、堺につながってゆく要所である。
 そこで、家康は伊賀上野と津をひとつに合わせて、信頼のできる武将、藤堂高虎にその守りを任せるという決断をしたとみられる。高虎は慶長13年(1608年)に新生の津藩主として入る。
写真
津城跡にある藤堂高虎公の像
(滋賀県に生まれた高虎は、慶長13年(1608)に伊賀上野・津32万3千石の大大名となった。高虎は津に入ると荒廃した町の再興に努めた。
 津藩の城主となった籐堂高虎は藤堂村(現在の滋賀県犬上郡高良町)に生まれた。父は藤堂虎高である。成長して浅井長政に仕えて、元亀元年(1570年)の織田・徳川連合軍との姉川の戦いでは戦功を上げた。その後、羽柴秀長(豊臣秀長)のもとで、賎ヶ岳(しずがたけ)の戦いでも群を抜いた戦功をたてて加増されている。
 さらに、藤堂高虎は紀伊の雑賀攻めや九州の島津攻めにも参戦して、実力を示している。

  高虎は、秀長の死去によってその養子の羽柴秀保に仕えるが、秀保も早世したため、出家して高野山に入る。しかし、高虎の才能を惜しんだ豊臣秀吉によって呼び戻され、伊予の宇和島を与えられている。

 豊臣秀吉の死後、藤堂高虎は徳川家康に接近した。これは家康の聚楽第(じゅらくだい)内邸地の普請がきっかけになったといわれる。高虎の弟にあたる正高を家康に人質として出し、石田三成側の情勢を家康に伝えたりもしている。
 また、慶長5年(1600年)に関が原の戦いが起きると藤堂高虎は、小早川秀秋の監視をしつつ、寝返った秀秋を討つ作戦を展開する。
 結局、戦は秀秋に加え大谷吉継との戦いともなり、西軍の主力戦闘部隊との死闘の様相を呈する。しかし、高虎はこの戦いに勝利して、家康からその実力を認められ、加増されて伊予今治20万石の城主となったのである。
 そして、関が原から8年後、高虎は西方への備えを考えた家康によって新生、津藩の初代城主となる。 
写真
津城跡
織田信包(信長の弟)が天正8年(1580)に津城を創築。藤堂高虎が四国伊予の今治(愛媛県)から移封、 慶長16年(1611)に大規模な改修を行い、城の周囲に武家屋敷をつくる一方で、伊予から連れてきた町人たちを岩田川の南に住まわせて、 伊予町をつくった。さらに高虎は、参宮街道を城下に引き入れたり、城の東に堀川を切り開いたりして津の基礎づくりを行った。 2代藩主高次はそれをもとに城下を整備、明治維新まで津は32万石の城下町として栄えた。

  高虎が城主になる前は、伊賀上野は筒井定次、津は富田信高が治めていた。しかし、伊賀上野の筒井氏は家臣統制の乱れを理由として改易処分を受け、津の富田氏は加増の上で伊予宇和島に移された。
 富田信高は石田三成を嫌い、家康に早くから従っている。家康の会津攻めにも従軍した。また、信高は西軍の毛利秀元、吉川広家らの大群が津城を包囲した際も、果敢に戦っている。家康もこうした実績から信高を認めつつも、藤堂高虎の方を要所の伊賀上野、津の守りとして選んだようだ。
 
spacer.gif