北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
群馬県
茨城県
埼玉県
千葉県
神奈川県
東京都
静岡県
愛知県
岐阜県
三重県
新潟県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
国内旅行
諸藩見聞録
第3回【福岡藩(黒田藩)】前編 黒田長政が育てた商都「博多」
  写真
  福岡の中心街・天神。ビジネスビルや百貨店が集まり、地下街も充実している。
 福岡藩(黒田藩)は黒田長政が天下分け目の関ヶ原の戦いでの功績で徳川家康から、与えられた。長政は関ヶ原の戦いでは、東軍の右翼を引き受けて、石田三成を攻め、西軍の主力の一角でもあった島左近を破っている。
  また、家康が 「 東軍につくか西軍なのか 」 その真意を測りかねていた福島正則について、開戦前にその陣中を訪れて 「 正則は三成とは不和であって、家康を裏切らない 」 との、心証を引き出し、家康を安心させたという。さらに、小早川秀秋が西軍から東軍に寝返った件についても長政の力によるところが大きいといわれる。豊前中津18万石から福岡藩52万3千石に大幅加増されたのも、そのあたりが所以であろう。
 長政は豊臣秀吉の命で、名護屋城から朝鮮半島に渡っている。この戦には加藤清正、島津義弘、小西行長らも出陣した。どちらかといえば戦国時代のつわものである。しかし、その一方では、福島正則の真意を引き出すなど人身掌握術にも優れていたといえる。
 
 長政は九州の要に当たる福岡を与えられたが、西軍だった武将たちが集結した大坂の冬の陣では直接戦うことを家康からは許されなかった。豊臣家への内通を疑われてのことといわれるが、長政も家康からは、無条件に信用されていたわけではなかったようだ。次の夏の陣では参戦の許しが出ている。
  さらに黒田長政は自分の娘を三代将軍家光に差し出そうとしたという話がある。この件は実現しなかったが、長政が徳川政権に食い込もうと努力をしていたことが、これでうかがえる。
  ただ、長政にもコンプレックスはあった。それは父親の黒田孝高(如水)に対してだ。如水は秀吉の知恵袋といわれた。四国平定など多くの働きを秀吉の政権の下で行っている。
  また、如水は秀吉の没後、天下を狙ったといわれ家康にも恐れられていたほどの大物。長政はこの父親には頭が上がらなかったようだ。
 
 長政の居城であった舞鶴城ともいわれる福岡城は福岡市の中心部に位置する平城だ。東側は那珂川で、これは自然の堀となった。西側は干潟を利用しての堀とした。福岡の城下町は北側の海の方角に広げた。西側の堀は現在大濠公園となっている。那珂川の東には港を持つ商都「博多」の街が栄えることになる。
  城郭は関ヶ原の戦いの翌年、1601年から七年の歳月をかけて完成した。47の櫓を持つ城の広さは九州一といわれる。現在は、舞鶴公園となっていて、平和台陸上競技場、福岡市美術館などがある。多門櫓、潮見櫓、大手門などの文化財も残っている。石垣は江戸城、大阪城の築城にも参加した石積みの名士、野口佐助一成が手がけたとされる。
 
写真
福岡市の中心に位置する福岡城
 
写真
福岡城
天守閣は無いが九州一の広さで、47の櫓などが残っている。
 
  写真
  お城では桜のころは、おだやかな日差しのもと、家族づれなどが憩う。
   
  福岡城には天守閣にまつわる話がある。天守閣を載せる天主台は残っているが、天守そのものがこの城にはない。これは、徳川家に配慮して最初から造らなかったのではないかといわれてきた。福岡城を描いた絵図である「福博惣絵図」(1646年)に、天守閣が描かれていなかったためである。
  しかし、小倉藩主の細川忠興が息子の忠利に出した書状が発見され、その中に天守閣の存在をうかがわせる内容があった。そこで、天守閣は造られたが、大阪城築城の際に、自ら福岡城の天守閣を解体して、大阪城の資材に使ったのではないかという説が浮上した。徳川家の監視の目が厳しかったためであろう。
 
 福岡は博多、とその中心地で代表されるほど、通称「博多」で通る。博多は町衆の街でもある。それだけ土地が豊かで民衆のエネルギーが強かった。意気込みもあった。玄海という海の荒っぽさが、その町衆のたくましいエネルギーを培ったのかもしれない。
 福岡でもうひとつ忘れてはいけないのは中洲である。福岡の中心街は地下街や三越、大丸など百貨店がある天神だが、那珂川と博多川の中の島に位置する「中洲」は九州一の歓楽街になっている。 黒田氏が福岡(現在の中央区)と博多(現在の博多区)を結ぶために、中の島の東西に東中の島橋、西中の島橋を架けたことにより中洲は誕生した。一時は百貨店などがあったが、現在は歓楽街として生きており、商業都市としての役割は天神の方に集約されてきている。  
写真
中洲の夜は、川面に風が渡り、季節がよいと、橋では街の芸術家が演奏を楽しんだりしている。