北海道
青森県
秋田県
岩手県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
群馬県
茨城県
埼玉県
千葉県
神奈川県
東京都
静岡県
愛知県
岐阜県
三重県
新潟県
山梨県
長野県
富山県
石川県
福井県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
国内旅行
諸藩見聞録
第2回【土佐藩】後編 統工芸品と空海が修行した室戸
 土佐の土産物には、土佐和紙やそれでつくられた伝統工芸品などがある。土佐には「土佐日記」とか「風姿花伝」という菓子がある。「土佐日記」は文字通り、紀貫之が土佐に赴任するときに書いた日記に由来するもの。「風姿花伝」は、能の教典であるあの「風姿花伝」を書いた世阿弥が秦一族で、長宗我部がその流れにあるところからきているという。土佐人の思いが込められた命名でもある。山内藩御用達の魚屋の鰹節とか、長宗我部の伝統を受け継ぐカツオのタタキとかいったものもある。
 
写真
強くて破けにくい、軽くてやわらかい、保湿性と通気性がある、など、多くの特長がある土佐和紙。「土佐典具貼紙」などは、厚さ0.03mm、手すき紙では世界一薄い。
 土佐には芸事が多い。一弦琴、居合術から発した剣詩舞は土佐が発祥だ。また、貴重な土佐和紙の伝統も脈々と息づいている。治水では野中兼山、思想家としては幸徳秋水らも出ている。
 
写真
弘法大師が難行を重ねたと伝わる神明窟と、修行中の住居としていた御厨人窟〔みくろどう〕の2つの洞窟が並ぶ。
   旅行地としては空海が修行した土地、室戸岬がある。修行中の洞窟から見える青い空と海を見て、空海と称した。室戸では鯨のウオッチングもできる。
  足摺岬も面白い。室戸とはま反対になる地理的条件だが、田宮虎彦らの文学作品の舞台になっている。途中、だるま夕日も見ることができ、ここでも鯨ウオッチングは可能。
 
写真
(写真左)土佐湾の東端に位置する室戸岬は、古くは海の難所として知られ、海岸に奇岩が乱立し紺碧の太平洋に対峙している。昭和2年に日本八景の一つに選ばれ、昭和3年には国指定の名勝地、昭和39年に室戸阿南海岸国定公園の指定をうけている。室戸岬周辺には弘法大師の修行地として史跡が多く、御厨人洞、一夜建立の岩屋、大師行水の池などがある。 /(写真右)マッコウクジラ、ゴンドウクジラ、ザトウクジラなど、何種類ものクジラの通り道と言われる室戸岬沖。ウォッチング船ではクジラに100m位まで近づくことができる。
 
 そのほか、月の名所と呼び声の高い、土佐の桂浜。台風が接近した時はよくテレビで中継されるところだ。桂浜に立つと太平洋の遠くからやってきた白波の打ち寄せる音が聞こえる。そして、足元には、緑や赤の色とりどりの五色石が打ち上げられてきている。この桂浜の裏手の坂を登り、浦戸城の天主のあったあたりにやってくると、さっと強い風が吹きぬけ、太平洋がはるかかなたまで見渡せる。  
写真
高知県を代表する景勝地の一つ「桂浜」。古来より月の名所として知られ、“月の名所は桂浜・・・” と「よさこい節」にも唄われている。