【趣の庭】沖縄・黄金(くがに)の庭
2008.9.22  
抜いても抜いても
生えてくる

思わぬ副産物を発見  知念の畑・その3

林 秀美   

写真1
沖縄の9月は、まだまだ夏!
だけど日が落ちる時間は早くなりました。


■雑草のトンネル!?

9月。いよいよ収穫の秋! と
さわやかに宣言したいところだけど、
亜熱帯・沖縄の9月は、まだまだ夏の延長戦。

豊作を願って、またまた畑の雑草とりに出かけた。
(こーんな、まばらな作業で「豊作」を願うなんて、
図々しいこと甚だしい……という自覚もありますが)

もう、お見せするのもオハズカシイ、畑の様子。

写真
畦道と畑の境目さえ、釈然としない。
草くん草くん、どーしてそんなに元気なの?

花が咲くかと、あらぬ心配をしていた「ハンダマー」は
そんなところにモンダイはなく、
葉っぱが見事に食い尽くされて、まるボーズ状態。

もういい。
虫に食われるなり、花を咲かせるなり、
ハンダマーがなりたいように育ってくれればいい。

写真
立派な「茎」に成長した(!?)ハンダマー。
キミはキミの好きなように育ってくれ。

なので今回は、イモ畑の作業に集中する。
前回、リチギな手作業で根っこから雑草を引き抜いたけれど、
根こそぎ抜いた効果など、どこにも見られない。もうっっ。

ムダな労力だったことを知ったので、
今回は、カマでザクザク刈り取ることにした。

今日は、年季の入ったファーマーのおじさんたちもいて、
畦道では、エンジン付きの草刈り機が活躍中だ。
はぁ、頼もしい。

写真
低い姿勢から畑を見ると
まるで雑草のトンネルを進んでいるよう。

……にしても暑すぎる!
こんな時間に農作業をするほうがどうかしている…という
炎天下の午後3時。

ちょいと休憩。


■雑草だけど雑草じゃない

畑の上のギャラリーに逃げ込むと、
見たことない「ほうき」を発見した。

「ん?」と思っていたら、
ギャラリーのネーネーが、「畑の草で作ってみたよー」だって。

聞けば「チガヤ」という植物で、
昔は、これで屋根を葺いたりしていたそう。

畑に戻って、あらためて見てみると、
畦道の脇には、白い穂をホワホワさせているチガヤがいっばいだ。

ネーネーはさらに言った。
「小さい頃は、この穂を食べていたよねー」

え? 知らなーい。

で、
帰って調べてみたら、ネーネーは正しかった。

チガヤの穂は、茅花(ツバナ)とかチバナと呼ばれ、
食べると、ほんのり甘い味がするそうだ。
江戸時代には、この穂を売り歩く商売まであったのだとか。

しかも、根茎や穂花はそれぞれに効能の異なる
漢方薬としても利用されているらしい。

古事記や万葉集にもその名が登場するとのことで、
古くから、さまざまに人と関わって生きている植物だったのだ。


写真
これがチガヤ。
その気で探すと、道端やら空き地やらでよーく見かける草だった。

写真
刈り取ったチガヤを乾燥させて、ネーネーがひと手間かけると…。

写真
きれいなホウキに変身だ。

へー。
雑草抜いてるだけなのに、
畑はいろんなことを教えてくれるなぁ。

ところで肝心のイモの収穫のこと。
10月18日から沖縄県南部の南城市で
「半島祭り」なるイベントが開催されることになり、
そのとき、お客さんに「焼きいも」をふるまう、
予定なのだそう。

さてさて。
ふるまうだけのイモは、
ちゃーんと収穫できるでしょうか?

イモは掘り出して1週間ほど寝かせると味がよくなるそうなので、
10月初旬、いよいよ収穫に出かけまーす。

どうか、いいお知らせができますように……!


写真
本日のファーマーたち。右から二番目のネーネーが、
チガヤのホウキを作った人。


林 秀美(はやし ひでみ)
1961年、香川県生まれ。
沖縄在住・フリーランスライター。大阪〜東京の出版社勤務を経て、フリーに。97年、唐突に沖縄に転居。沖縄で初めて出くわす、この地ならではの習慣などを面白がっているうちに10年経ってしまった。主な共著に「沖縄のナンダ(シリーズ)」(双葉文庫)、「沖縄オバァ烈伝(シリーズ)」(双葉社)、「沖縄なんくる読本」(講談社)など。

【沖縄・黄金の庭 掲載記事一覧 】
■労せず収穫
 2月の海は、緑の畑!?
本文を読む
■サクラ、タンカン、ムーチーで始まる
 沖縄の正月
本文を読む
■歳末・大収穫祭!
 ごろごろ獲れたはいいけれど
本文を読む
■那覇の港で発見 いもと魚で自給自足 !?
 知念の畑には行けず…
 新たな展開へ 知念の畑・その5
本文を読む
■収穫よりも、芸術の秋!
 焼き芋の行方は……? 知念の畑・その4
本文を読む
■抜いても抜いても 生えてくる
 思わぬ副産物を発見 知念の畑・その3
本文を読む
■せっせと植えた
 紫の葉っぱは誰のため? 知念の畑・その2
本文を読む
■知念の畑で汗だく
 イモを植え、雑草にアタマを悩ませる
本文を読む
■「南の島でのんびり暮らしてみっかぁ〜」
 沖縄の土地は神様からの借り物
本文を読む
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.