【趣の庭】古書道楽「珍・本・版」
2007.03.26
Vol.3 手にしているだけで うれしくて 血圧が上がる本
坂崎 重盛
華麗にして堂々たる品格 『 浮世絵と風景画 』
『 浮世絵と風景画 』 の表紙と函。
すべて木版刷り!ぜいたくな大正初期本だ。
イラスト
 前回 「 この本については、いつか触れることになるだろう 」 などと余裕のあるセリフをはいたが、すぐに取り上げたくなってしまった。人間、年をとるとガマンがきかなくなる。
  その本とは他ならぬ、小島烏水著 『 浮世絵と風景画 』。
  明治という時代が終わったばかりの大正三年、前川文栄閣から出版された、この 『 浮世絵と風景画 』 は、当時の造本の底力を見せつけてくれる。

 ひとことで言えば、浮世絵・錦絵がまだ街の中で珍しくもなく売られていた江戸の余香がただよう明治と、ヨーロッパの良き文化をいち早く受け入れ追いつこうとした明治が一つとなった精華、がこの、大正初めの本の造りに結実しているのである。
  本全体の印象からいえば、これは洋書である。カッチリと堅固な表紙、角背、そして本の天に塗られた金、いわゆる天金 (てんきん)。もちろん函入り。束は4cm強。手にすればズシリと持ち重りがする。格調高い洋書の豪華本の造りである。
写真 写真
(左)『 浮世絵と風景画 』 の背。タイトルは金箔押し。
(右)天金と見返しをのぞく。すごい!すごい!
 
 しかし、その函は木版刷りによる富岳と麓を行く旅人の絵。函から本を、ゆっくりと引き出すと、目の前に現われるのは雪景色。雪降りしきる中、 赤い鳥居がのぞく海岸を、これまた小さな点景のような二人の旅人が歩いているのが見える。波は荒く、空は暗い。日本の風景と自然を描いた浮 世絵の世界、なのである。
 
 表紙は固紙、ボール紙なので、開いたときに机の面に触れると カタン! という乾いた音がする。ボール装だからこそ生まれる快い音。  そうして表紙を開くと、見返し。これが表紙の厳しい雪景色とは一転して、おだやかな海岸風景。葦(あし)のような草が生えているので内湾か川 口か。波は静かで、地引網を引く姿がある。「 御宿 」 の看板が見える家からは煙が立ちのぼる。
 
  続きを読む
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.