【趣の庭】釣り三昧
2012.11.13

釣り三昧 Vol.83
Joy of Fishing


怪しい釣り仲間がにじり寄る新宿


樋口 正博


「チャーマス」
怖い顔だけどこんなに優しい釣り師はいない。
左がゆきちゃん。右がJUNさん

■ゆきちゃんに惚れた

 10月後半から11月上旬のタコの介は忙しかった。信州でひとり隠居暮らしをしていたのに各所からお呼びがかかったのだ。
 ということで、まず出かけたのが新宿二丁目という、とってもディープな場所。世界有数のゲイタウン。
 ここに日本のルアーフィッシングの重鎮、北村秀行のアトリエがある。北村さんは、釣り師からは親しみを込めて「チャーマス」とか「ゆきちゃん」と呼ばれる60代後半の経験と実力と知能を備えた釣り師である。
 タコの介はこの希有な知識と経験と人を魅了する人柄をもった釣り師の全貌を文章にして世に出したいと、このところ定期的にゆきちゃんを訪ねている。そして、あらゆる釣りのシーン、海のなかの考察、そして釣り師の波打つ気持ちなどについて話を聞くのだ。
「いま、フィーバーしている相模湾のマグロ釣り。これ、だれでも釣れるんじゃなくて、釣れる人が決まってるって知ってる?」
 といった風にゆきちゃんは語り出す。マグロといっても30キロ近くの両手で踏ん張って抱える大きさのマグロだ。何日かの休日とウン十万円のお金を掛けても、両手で抱きかかえてみたいと釣り師が夢みるターゲットである。
 そんな話を聞いていて、身を乗り出さない釣り師などいない。いくつか釣れる条件があるのはうすうす分かる。だが、そういうことではなくて、ゆきちゃんが見つめている「釣れる人」というその解釈や分析を知りたい。
 そんないっときも聞き漏らせない話がずっと続いたら、釣り師はどんな気持ちになるのか。それは、グラスに鹿児島の芋焼酎を手酌で注いで、「ふんふん」と聞きながら、ひたすら煽って聞く特別な話なのでである。


「荘園」
長い付き合いの釣り師と短い付き合いの女性が集まった

■Joe's(ジョー)さんの悲劇

  そのあとは、いつも行きつけのゲイバーに向かう。ではなく、タコの介が毎月句会をやっている台湾料理店に行くのだ。ここに釣り師たちが集まった。
 仲間はすでに20年以上もの付き合いである。主役は宮崎市のさすらいの釣り師JUNさん。彼は人を巻き込む天才で、しかも面倒見がいい。だから、彼の周りにはいつも性格のいいやつが集まる。50代前半の働き盛り。
 ほかにはJUNさんを慕って、九州大学だの東大だのの若き研究生が集まってきた。さらにはタコの介の先輩格のアユ師、磯師が久しぶりに顔を見せる。そして、子育てに忙しい人妻も子どもを旦那様に預けて顔を出した。
 釣り師の話は尽きずに続く。釣り人というのは一種のオタクの世界の住人なので、仲間うちでは話が縦横無尽に展開するのだ。とくにバカな釣り師の生態を語ったら、もう何時間あっても足らない。
「Joe's(ジョー)さんと宮崎の海でキス釣りをしたんだ。波のある日でね。ゴムボートで砂浜をエイヤっとこぎ出す。ボートにはJoe's(ジョー)さん。ぼくが波の頃合いをみてボートを押す。で、無事ボートは引き波に乗った。ところが進まない。つぎの波が来る。必死にオールをこぐJoe's(ジョー)さん。ボートはとうとう回転を始めて横波を食らって2人ともザッパーン。用意周到にこぎだしたのになんでだと思う? 肝心のJoe's(ジョー)さんの右のオールにロープが絡まってたんだ」
 くだらない話だ。それが、仲間うちで語られるととびきりの話になる。
 なにしろ、Joe's(ジョー)さんというひとは謹厳実直。まぢめを絵に描いて、さらにその絵を店頭に張り出して公開しても決しておかしくない人である。
 しかも言われたことは確実にこなすということで、これまで確固たる信頼を勝ち得てきた人である。その性格はここに集まったみんながよく知っている。だからおかしい。
 こんな話で、台湾料理店では温めた紹興酒が何本も空になっていく。
 ちなみに言っておくけど、ボートを押したのはJUN。間抜けなJoe's(ジョー)というのは、この仲間たちだけに通用するタコの介のアナザーネームである。
 そして、そのあとは前後不覚の酔っぱらい集団と化して、ゴールデン街を目指してもつれ足でにじり寄っていくのだ。
                                                                                   

樋口 正博 (ひぐち・まさひろ)
1952年、長野県生まれ。
釣り専門誌の編集長を経てEditor&Writer。へら師にしてフライフィッシャーマン。そしてパラ愛好家。庭、釣り、農、酒を通して社会を見つめている。通称「タコの介」。Twitterのアカウント@takonosuke7
 
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.