【趣の庭】釣り三昧
2009.1.13      
釣魚を使った
「海鮮だんご鍋」って

知ってますか?
 
樋口 正博

むちゃくちゃ旨い
釣魚の鍋料理ってなに?

 釣りよりも釣魚をいかに旨く食べるかに走っているタコの介。冬の時期は寒くて、朝早く起きて釣りに行くのは辛い。だが、この冬の魚こそ、絶品の釣魚が手にはいる。
 で、いつも、「つり丸」は鍋特集を企画する。「温ったか鍋で集まろう」とか「釣魚鍋で新年会」とか最初はタイトルはホイホイと浮かんでくる。鍋は簡単でなんでも切って野菜と一緒に煮ればだれでもできる。
 やっぱり、そのコツは素材を損なうことなく、生かすことに尽きる。水炊き鍋、しゃぶしゃぶ鍋などは、釣魚鍋の王道といえる。天然魚のもつ深いあじわいをじっくりと楽しむには、余計な味がついていないほうがいい。
 だが、4度目、5度目となると「うーん…!」と特集のタイトルに苦しみだすのだ。

写真
素材は釣ったばかりのマダイ、スミイカ、アジ。
みんな東京湾の釣魚だ

 そこで、タコの介は鍋に一工夫を加えた。「つり丸」の料理欄で好評の「できる料理人」のオヤジに「なんか、だれにでも作れて、むちゃくちゃ旨い鍋、考案してよ」とわがままな注文をつけた。
 オヤジは「ウーン…」と唸って考え込んだ。そこで出てきたのが、釣魚をすり身にして「海鮮だんご鍋」を作ることだった。使った魚はマダイ、スミイカ、アジの3種類。
 魚の身を刻み、ミキサーですりつぶし、だんご、薩摩揚げ、つみれ、きりたんぽ、蒸してはんぺんにした。鍋の味付けがそそった。まるで、おでんのネタのようだ。  マダイの中骨とアラをじっくりと煮出して、しょう油、みりん、日本酒を加えると、ちょっと濃厚なしょう油味になった。
 ちょっと手間がかかったが、作る人はオヤジなのでいいのだ。タコの介は写真を撮りながら、「これは、ほんとうにヤバい鍋ができちゃうぞ」と、心配になってしまった。

写真
手間暇かけてだんごを作った。いよいよぐつぐつの時間だ

■「食う」メンツがいない!

 さて、撮影も完了して「海鮮だんご鍋」もグツグツしてきた。で、食べようかというのは午後5時前だった。そこで重要な問題が発覚したのだ。「この大鍋をだれが食べるか」という、基本的緊急的な問題だった。
 店にいるのはオヤジとタコの介の2人。6時くらいからはオヤジの店「さしろ」は開店するので、オヤジは鍋をつついているわけにもいかない。

写真
マダイの身はすり身にアラは出汁にする

 そこで、タコの介は携帯電話のメモリーを総動員して、知り合いに片っ端から電話をかけた。「さしろ」の場所は南品川。編集部は四谷なので、編集部員が駆けつけるには時間がかかる。
「いいなぁー。行きたいなぁー。でも、時間的に無理なんだよ」
 とタコの介のことは絶対に断らない滝が、すまなそうに言った。
 我が社でも「つり丸」と親しいほかの編集部の女性編集者、恵子ちゃんも「わたし、ダメ。もっと早く言ってよ。仕事を放り投げて駆けつけるのに」
 恵子ちゃんは、「つり丸」編集部に出入りしてから、魚の旨さに目覚めた。われわれが釣ってきた魚をやると、喜んで持って帰って、「キンメダイはいいよね。時間が立っても身がしっかりしてるんだもの。イカなんか美味しくないと思ってたけど、釣りたてのイカがこんなに美味しいとは。こんど、イカが釣れたら全部ちょうだい!」と興奮を隠せない。

写真
マダイのアラで出汁をとる。いちど軽くあぶると香りがでる

 結局、時間に余裕があって、食い気が勝っていた人は2人。タコの介を入れて3人体勢で「海鮮だんご鍋」を食することになった。
 タコの介がぶっ飛んだのは、やはり濃厚なスープだった。これだけで、なにもいらない。スミイカを使った贅沢なイカだんごも、そのまま鍋に入れたのと、揚げて 薩摩揚げにしたものと、両方ともに逸品だった。
 駆けつけた一人は身長187センチ。体重は100キロ近く。いつもは理屈っぽくて饒舌で、「もう黙れ、黙って食え!」とタコの介が言うのに、今回はもう無言で食べ続けた。

写真
すり身前の粗みじん。
マダイ(左)、スミイカ(上)、アジ(右下)

「美味しいものは黙って食う」
 と、言っただけ。
 こうして、箸が進む、進む。酒も進んで、酒宴は10時近くまで続いた。そのあと、タコの介は終電を中央線の高尾駅まで乗り越して、8000円近く払って自宅に無事帰還したのだった。
 もう、こういう贅沢は年に1回でいいかなと、少々反省していた。そのときだけだが。

写真
オヤジの特製スープができあがった
「さしろ」 http://www.3460.jp/


 
樋口 正博 (ひぐち・まさひろ)
1952年、長野県生まれ。
沖釣り専門誌「つり丸」編集長。最近は釣りよりも魚料理に興味が傾いてしまった。毎月一回、嵐山光三郎さんと連載「釣って開いて」の取材に出かけるのが、おもな釣り取材となっている。通称「タコの介」(嵐山光三郎命名)。
 
【 釣り三昧 掲載記事一覧 】
■冬は寒いのであって、
 海は辛いのである
本文を読む
■釣魚を使った「海鮮だんご鍋」って
 知ってますか?
本文を読む
■「無限カレー地獄」の恐怖!
 新島のキャンプ番(その2)
本文を読む
■タコの介は「炊き出しのおばさん」となって
 新島のキャンプ番を務めた(その1)
本文を読む
■釣るのが先か 食うのが先か
 内房・富浦沖のカワハギ釣り(その2)
本文を読む
■食って悶絶! 釣って極楽
 内房・富浦沖のカワハギ釣り(その1)
本文を読む
■ずっと引き延ばしていた
 父との約束
本文を読む
■内房・金谷沖の黄金アジ(下の巻)
 カマスに黄金アジだ!
 嵐山と檀が釣る、ガンガン釣る
本文を読む
■内房・金谷沖の黄金アジ(上の巻)
 このアジ食をべたくて嵐山は行くのだ
本文を読む
■魅力的で悪魔な人の一周忌
 嫌いだけど好きだった
本文を読む
■休日にはたったひとりで釣りに行く
 雨でも嵐の日でも
本文を読む
■灼熱地獄のタチウオ釣り
 苦闘の果てに見たクーラーの中身は?
本文を読む
■次々と出てくるタコとアジ料理の逸品
 タコの介は独り占め
本文を読む
■嵐山御大、南伸坊、老人ホームへ突入
 ごま塩頭の逆襲が始まった
本文を読む
■鍋を囲んでマハタの夜は更ける
 若い女性に囲まれて
本文を読む
■「謝るけど反省はしない」
 この名セリフには涙なくしては語れない秘密があった
 オヤジ5人組が嵐のなかでイサキ釣り
本文を読む
■湖面を渡る5月のそよ風。したたる緑。
 久しぶりだなぁ、へらぶな釣りは
本文を読む
■どやどやと隊員たちが繰り出した
 行った先の八丈島ではムロアジ1匹
本文を読む
■両親が有料老人ホームに入居した
 寂しさが募る
本文を読む
■バカたちがくりひろげる
 寒風、海辺のキャンプ
本文を読む
■気がついたら新宿の寿司屋で
 とんでもないメンツと飲んでいた
本文を読む
■田舎は雪で大わらわ。「パラパラ筋」が筋肉痛で、1か月たっても痛いのだ 本文を読む
■身がコリコリ生きる トラフグの神経締め。青物横丁の活魚割烹「さしろ」 本文を読む
■仕事がすんだ週末は中央道で信州へ帰る。月に半分は船の上。
 これが「つり丸」編集部員の日々
本文を読む
■干物のとりこになりました。釣った魚を食べるところが妙味。
 嵐山光三郎の「史上最高の干物」を刊行
本文を読む
■釣り師と船宿を翻弄させる カワハギ名人の衝撃!  本文を読む
■嵐山光三郎と、秋のマダイ釣りを上越の海で 手練手管が必要で、面白さが凝縮
 フアンが多く釣り方も多種多様 
本文を読む
■「身がふんわり、香りがセクシー」 関アジより抜群に美味しい走水のアジ
 船上干しがこれまた絶品
本文を読む
「松令丸」でのヒラマサ釣りを成功に導く 嵐山光三郎さんも大喜び
 八丈島の名船頭、マッちゃん 
本文を読む
永井名人シリーズVol.2/釣の方がずっとエクスタシーを感じるよ
 お化けよりもっと怖い話です
本文を読む
永井名人シリーズVol.2/もったいない話だ 本文を読む
永井名人シリーズ vol.1/震える話   本文を読む
震えるほど美味しい釣魚料理 本文を読む
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.