【緑の庭】牧野植物園便り

2011.6.7  

Makino Botanical Garden News


ワイシャツにカキツバタを摺りつけた牧野博士

凛として咲くノハナショウブ


夏井 操


アヤメ

  5月下旬から6月にかけて、アヤメやハナショウブ、カキツバタなどが咲き、テレビのニュースなどでも取り上げられています。みなさんは、カキツバタとアヤメ、ハナショウブを見分ることができますか?

カキツバタは「書きつけ花」が語源

  花が咲く順で紹介すると、まずカキツバタIris laevigata Fisch.。カキツバタは湿地に生える植物で、紫色の花びらに、筆で書いたような白い筋が入ります。昔、この花で布を染めていたそうで、「書きつけ花」が語源です。

  アヤメIris sanguinea Hornem.は、やや乾燥したところに生えており、池や湿地でなく山中の拓けた草むらなどに生えています。紫の花びらの根元に筋の模様が入り、私は先輩から「あやの目模様が入っているでしょ?」と教わりました。実際の語源は花の模様ではなく、まっすぐな葉が交じり合った様子を文目の文様に見立てたものです。


カキツバタ

ノハナショウブには黄色の筋

  ノハナショウブIris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai ex Makino et Nemotoはカキツバタやアヤメよりやや涼しいところに生え、湿地に咲きます。花びらに黄色い筋が入るのが特徴で、この園芸品種がハナショウブです。日本の伝統園芸植物であり、全国各地の花菖蒲園で色も形も様々なものが愛でられていますが、凛として咲く野生のノハナショウブを箱根で見て以来、私は原種が一番美しいと思っています。

可愛らしいエヒメアヤメ

  なお、私が好きなアヤメの仲間に、エヒメアヤメIris rossii Bakerがあります。別名はタレユエソウ。誰のためにこんな可憐な花を咲かせるのか、という意味ですが、実際、手のひらで全草を包んでしまえそうなこの花を見るにつけ、ため息がこぼれるかわいらしさです。


エヒメアヤメ

牧野博士、一面のカキツバタに心震わせる

  さて、カキツバタが好きな牧野博士は昭和8年6月4日、広島文理科大学植物学教室の面々と広島県山県郡北広島町(旧芸北町)の八幡湿原に足を運んでいます。一面のカキツバタに心を震わせた博士は、古くその花を衣に摺ったということを思い出し、白いハンカチに摺りつけてみました。それが見事な藤色に染まったので、感激した博士は、こともあろうか、着ていた白いワイシャツにまで摺りつけて染め、こう詠んだのです。

 

      衣に摺りし昔の里か かきつばた

      ハンケチに摺って見せけり かきつばた

      白シャツに摺りつけて見る かきつばた

      この里に業平来れば此処も歌

      見劣りのしぬる光琳屏風かな

      見るほどになんとなつかし かきつばた

      去ぬは憂し散るを見果てむ かきつばた

 

  八幡湿原には博士の歌を刻んだ石碑がありました。カキツバタは一時、数を減らしたそうですが、ボランティアの皆さんにより群落の再生が進められています。

(高知県立牧野植物園学芸員)




▼インフォメーション

■企画展ご案内

 ○開催中○3月5日(土)〜7月3日(日)
志国高知 龍馬ふるさと博
「五台山花絵巻 弐の巻 〜和蘭(オランダ)の春〜」
http://www.makino.or.jp/event_news/pdf/waran.pdf

 ○次回○7月16日(土)〜12月4日(日)
「植物を知ろう!」
http://www.makino.or.jp/
内容/植物は、わたしたちの暮らしに役立つだけでなく、唯一の生産者として地球上のすべての命を支えています。本展では、身近な植物をテーマに、植物の受粉の仕組みやタネの飛ばし方など、植物たちの知恵や工夫を、春夏秋冬を追って紹介します。観察したり、模型をさわったり、工作をしたり、体験しながら植物のことが分かる企画展です。
観賞料/無料(但し、入園料が必要です)
高知県立牧野植物園

 牧野植物園は、高知県が生んだ植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰する施設として、昭和33年(1958)に、高知市五台山に開園した施設です。平成11年11月には「牧野富太郎記念館」が開館しています。
 園内には博士を生む土壌となった高知県の植物を中心に、博士ゆかりの植物など約3,000種が四季を彩られています。
 また、植物園機能とあわせて、貴重な資料を紹介する展示、研究、生涯学習の場を提供する施設などを収めた博物館が同居する総合施設は、国内では他に例がないと思われます。さらに、景観に配慮した環境保全型建築の方向性を示す優れた建築物として全国的な評価を受け、第13回村野藤吾賞をはじめ数々の賞を受けています。

リンク
 
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.