【食の庭】
2011. 9. 6

女子会でオ・ト・ナ飲み
旬の素材を使ったお料理がたっぷり

銀座6丁目「HIDORI」

三ッ木 由紀子
 


日中蒸し暑い日も夜になると秋の気配が感じられるこの頃。

ビアガーデンでビールをがぶ飲みしてプッハー♪もいいけど、
そろそろ美味しいワインと、旬の素材を使ったお料理を、
時間をかけて楽しみたいなーって気分になりませんか?

そ・こ・で。今回はそんなオトナ飲みにぴったりな、
お店をご紹介。銀座6丁目にある和食「HIDORI」です。

目一杯おしゃれして、今日は女子会!

和食懐石と聞いていたので、入り口の雰囲気に少し緊張。
「ここでワシントンワインが飲めるってホントかなぁ」
などと思いつつ店内へ。店内は、カウンターとテーブル席が
程よい距離で配置されていて心地よい空間です。

コース料理もあるけど、私たちはアラカルトでチョイス。
お野菜を中心にいただきましたが、まず見た目が美しい!
フレンチ?と思うようなアスパラの料理も味は和風。

ソムリエさんにワシントンワインの品揃えを伺うと、
こちら。なんと私の好きなワイナリーのラベルが!


以前飲んだ衝撃的ラベルの「チャールズ・スミス」ワイン。
リースリングも好きだが今回はシャルドネを飲んでみる。

ラベル見て!「Eve」で「リンゴ」。可愛い〜♪
これ、ワインのラベルですよ。

確かに青リンゴの香りをほのかに。但しさらりとしている。
甘さも前面に来るわけではなく、どちらかといえばドライ。
冷やして飲むにはスッキリして食中酒としてピッタリ。


伺った日は、こちらのワインが揃ってました!
品揃えについては都度変わる可能性もあるので、
ソムリエさんに聞いてみてくださいね!
※注:今回せっかくの機会だったのに、
   すべて飲むことはできませんでした(泣)

以前お店に、チャールズ・スミスさんがいらして、
ワイン会をしたことがあるそう。
ロックアーティストとお聞きして、
ラベルがレコジャケっぽいのに納得!
後で写真をチェックしたけど・・・ちょい悪風(笑)。
ラベルと繊細な味のギャップに、ある意味萌え?
ドリンクメニューには、お酒の種類がいっぱい!
ビールも生ビール以外に日本の地ビールもあったり、
日本酒や焼酎もこだわりのラインアップ。
でもやっぱり、一番すごいのはワインの品揃え。
カリフォルニアを中心に、60種類以上(HPより)とあるけど、
実際はもっとあると思う。
というのが、毎月テーマを決めてワイン会をしていて、
実際にワイナリーのオーナーも来日時に来店してるんです。

ちなみに伺った日は8月だったので、ワイン会テーマは、
「カリフォルニア・ナパワイン&スパークリングワイン」。
そして、9月はなんと「ワシントン&オレゴンワイン特集」!

また行かねばっ。

■和食&ワイン HIDORI
★イベント情報やメニューなど詳しくはこちら
http://r.gnavi.co.jp/g057701/
★オフィシャルHP
http://www.ginza.jp/hidori/


【ポイント】
・ワインは4,000円前後が中心。グラスワインもあるから
 ソムリエさんに気軽に聞いてみて!
・贅沢な空間なので、デートや、記念日にもオススメ。
・女子会コースプランもある!(9/30まで)



三ッ木由紀子
(みつきゆきこ)

ライター。利き酒師。酒メーカーや通信系のメルマガ、
Webコンテンツの企画、コピーライティングなど。
日本酒の蔵元や、ワイナリー、ブルワリー巡りが好き。
リーズナブルで美味しいお酒とおつまみの店を日々開拓中。
雑記をブログでも紹介中。
http://morijinjya.blog102.fc2.com/

 

 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.