鈴木千惠子の「収納の知恵袋」
 鈴木千惠子の「収納の知恵袋」


 収納の知恵袋VOL2


  「写真の収納」


■ お気に入りの写真を厳選し、
  アルバムをセルフプロデュースしよう


 2年前、実家が道路の拡張工事で立ち退きになり、家中のものを処分した。父はその前年に亡くなり、母は入院中で、姉妹三人で半年かかってやっと片づけた。たいていのものは思いっきりよく処分できたのだが、捨てるに捨てられなかったものに写真がある。
 父母が結婚する前から新婚時代のものは、写真館で撮られたものがほとんどで数も限られ1冊のアルバムにおさまっている。ところが、私たち娘の成長とともに写真の数は増え、孫が生まれさらに増え、整理されず箱に入れられただけの写真が出てくる出てくる。引っ越しが終わったら整理することに決めて、とりあえずはすべて段ボール箱に収めた。

     祖母の和タンスの上部分を、写真の収納場所に。段ボールいっぱいあったが整理したら全部収納できた。


■ 写真は捨てられない

 さて、引っ越しも終わり、今日こそ写真を整理しようと段ボール箱をあけたものの何から手をつけてよいものやら。持ち主である父や母がいないところで写真を選別するのは難しい。
 第一に、日付のない写真は撮影された時期がわからないので、時系列に分類できない。
 第二に、父や母ならわかるのだろうが、私たちには写っている人が誰だかわからない写真がある。
 第三に、整理しても誰も住んでいない実家にあるのでは誰も見ない。子どもの代までは誰が引き継いだとしても、そのあとはどうなるのか。
 とはいえ、写真には私たち家族の思い出がいっぱい詰まっている。そう簡単には捨てられない。せめて年に何回かこの家に家族や親戚が集まったとき、思い出話ができるよう整理しておこう。

     和タンスの下段。アルバムを収納。右側にあるのが父と母の子ども時代から新婚時代までのアルバム。他は子どもが小さいときから結婚するまでのアルバム


■ 厳選した写真だけを残そう

 自分の写真を見て楽しいのは本人と家族、恋人ぐらいとか。だとしたら思いっきりセルフプロデュースして写真を整理するのはいかが? 秘訣は自分が気に入った写真だけを残すこと。ある作家さんが著者紹介の写真は毎回本人とは別人に見える写真を選んだという話もある。写真の人物の物語を考えながら写真を選ぶのは新しい発見もあり、楽しいものである。

 今回両親の写真を整理するにあたって、まずは日付やシチュエーション、写された風景を頼りに写真をすべて分類し、サービス判(サイズ)の写真ファイルに収納した。誰だかわからない人が写っている写真は別にして透明のビニールパックにひとまず入れて置く。
 つぎに父だけが写っている写真がたくさんあったので、父専用のアルバムを作成することにした。写真を一枚一枚じっくり見ながら、どんなテーマにしようかどんな話にしようかとあれこれ考えながら残す写真を選んだ。
 テーマは「男の哀愁」では恥ずかしすぎるかしら。

     父だけが写っている写真をまとめた。ピンぼけや劣化したものもあるが、どの写真も捨てる決断がつかず困っている。自分の写真なら簡単に捨てられるのに……。

※ボツにした写真は、子どもや動物など、見せたい部分だけを切り取って
 コラージュにする方法もある。処分するのはそれからでもいいのでは。

■ 収納の達人にも、写真整理の秘訣を聞きてみました

 「収納アラカルト」という人気サイトの運営をしていた横山透氏に写真の整理方法を聞いてみた。

 @自分の写真を整理する場合はプリントしたら、お店がくれるサービス判(サイズ)の写真ファイルに撮影日、撮影場所などを記入して整理しておくと後でも整理しやすい。複数册の場合は通し番号を入れる。

   
<写真提供 横山透氏>

サービスサイズに焼いたものを、写真店でサービスにくれたアルバムに入れただけのものです。
撮影日ごとのファイルです。未整理ながら、ともかく保存用に。

A写真を厳選し、お気に入りのアルバムに入れる。
 同じカットの写真は一番気に入っているものを数枚、できれば1枚選び、それ以外は捨てる。ピンぼけも捨てよう。
アルバムは同じメーカーの定番のものを使用すると見た目にも統一感がでる。背表紙に通し番号、写真の撮影期間を記入する。

   
<写真提供 横山透氏>

同じファイルに入れて統一感のある収納をした例です。サービスサイズのアルバムです。写真店でもらうアルバムは使っていません。


<おすすめ>
 写真は大伸ししてみると、その良さがよくわかる。お気に入りの写真は伸ばしてアルバムにしまうのを習慣にすると、写真がよりセンスアップするかも。

   
<写真提供 横山透氏>

「@の中から気に入ったものだけを選んで、2Lサイズに伸ばしたものです。こちらが永久保存版です。第三者に見せるときは、こっちを見せます」



■ デジカメ写真の整理はWEBを使ってみよう

 デジカメになって写真数はフィイルム時代とは比べることができないほど増えた。しかし、カメラ屋さんに依頼するにせよ、自分でプリントするにしろ、欲しい写真だけプリントできるので、収納に手間はかからなくなった。さらに効率的にデジカメ写真を整理するには、写真データ整理・編集用ソフトやWEBアルバムの利用がおすすめである。一度試してみてはいかがだろう。

 写真は大伸ししてみると、その良さがよくわかる。お気に入りの写真は伸ばしてアルバムにしまうのを習慣にすると、写真がよりセンスアップするかも。


◇ ピカソ グーグルの無料編集ソフト
  http://picasa.google.co.jp/

◇ ニコンマイピクチャータウン 保存用料2GBまで無料。
 見せたい人、あげたい人だけにメールで知らせて写真を共有できる。
  http://info.mypicturetown.com/ja/ads/gl_introduction.html?cid=je010811gw03


 2009年02月15日(日)

鈴木 千惠子(すずき・ちえこ)
西武百貨店池袋店勤務を経て、フリーのライターに。主婦と生活社発行の「収納カタログ」「おしゃれな部屋は収納でつくる」など収納ムックを中心にライターとして参加。収納の他で得意分野は社員教育のマニアル作成。そら飛ぶ庭では『大人の収納』について提案できたらいいなと考えている。

 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.