【美の庭】現代アート逍遙
2009.3.9      
シャーマン復権(2)
出遭った幻覚のひとつひとつ
を正確に写しとる
画家に降りてきたものの正体が覗く
大島梢 幻覚の予兆
高丘 卓

 大島梢の比較的浅い夢に侵入してみよう。すると、わたしたちは画家をとらえた神秘体験と同様の感覚を追体験できる。


写真
海原
2008
キャンバス、アクリル
1303x1940mm
撮影:宮島径


■幻覚の見取り図

 いや、そんな錯覚に陥ってしまうのである。大島梢はそれほど細心に、出遭った幻覚のひとつひとつの見取り図を正確に写しとり、再現しているのである。「生造1-2」(連載1の図参照)と題された一対の絵から伸びる神経の先端に触れてみる。幻覚の門の扉をあけた瞬間に飛びこんでくる、最初の風景とも言える世界である。

 稼動しながらも無音の工場は、現実の世界と異次元の世界をつなぐ(あるいは変容させる)複雑な装置のようにも見えるが、その絵をじっと見つめていると、わたしの意識は、中央の、さらに深く沈みこむ穴の底にひろがる世界との接触をうながされる。振動から遮断されたその穴の奥の奥に、画家に降りてきたものの正体が、きっと顔をのぞかせるはずである。


写真
思ひ出
2002
イラストレーションボード、カラーインク、製図用インク、ペン
515x365mm


■穴の底の闇

 わたしが、この穴の底の闇のなかで得たヴィジョンは、ウィーンの現代幻想画家R・H・ギーガーには、悪意のウイルスに変身したバイオメカノイドを描かせ、またバルセロナの建築家アントニオ・ガウディには、その逆に、悪魔祓いの塔サグラダ・ファミリア教会を建てさせたヴィジョンと、おそらく同一の啓示だったような印象をうけた。
 ただし、大島梢が幻視する風景は、より繊細で瞑想的であり、むしろ原初の楽園を夢見た画家アンリ・ルソーの知覚に相似しているように思える。

■アルチンボルド風

 しかしそれは、あくまで表面的な、表層の視覚のはなしである。
 幻覚と一体化を遂げようとする大島梢の自画像(「自画像」「顔面」)がある。

写真
自画像
2001
ボード、インク、アクリル
515x365mm


 アルチンボルドのトロンポルイユを彷彿とせることは言うまでもないが、これは表現方法の着想をめぐっての、大島梢によるアルチンボルド風の模倣でもなければ、また両者の偶然の一致でもない。
 この類似は、おそらく、大島梢にもアルチンボルドにもおとずれた幻覚がもたらす、身体の変態感覚の、視覚化をこころみる際に生じる共振と解釈してもよさそうである。

写真
アルチンボルド
ウェルトウムヌスに扮するルドルフ二


■マンディアルグ

 アルチンボルドの絵が、これまで美術史家が主張してきたような、単なる風刺画とか騙し絵でないことを指摘し、現代に甦らせたのはフランスの作家で、イタリア・ボマルツォのオルシーニ公爵の怪物庭園を、数百年の眠りから、ほとんど発掘するように再発見したマンディアルグである。
 アルチンボルドの奇妙な絵には、大島梢に頻繁に話しかけるヴィジョンと共通の、あるいはそのヴィジョンの分身ともいえる、霊的背後力と呼びたくなるような力が潜んでいるようなのである。

(美術評論家)

協力:ミヅマ・アートギャラリー=三潴末雄
(c) OSHIMA Kozue
Courtesy Mizuma Art Gallery



 
高丘 卓 (たかおか・たかし)
 和光大学人文学部人間関係学科卒。ヘルメティズム研究家。文芸編集者。「ランティエ叢書」編集長(角川春樹事務所)などを経て、現在平凡社編集局で作家・五木寛之氏の作品を担当している。ヘルメティズムの視点から、2003年には、澁澤龍彦「ホラー・ドラコニア」(平凡社/全5巻)をまとめる。

大島 梢 (おおしま・ こずえ)
1978年、神奈川県生まれ。2002年、東京造形大学造形学部環境計画染専攻卒業。神奈川県在住。
個展・二人展
・2008 「幻日の箱」(大島梢・野田幸江)IID Gallery、東京
・2007 「青」ギャラリーエス、東京
・2005 「自然物、もう一つの姿」ギャラリーエス、東京
グループ展
・2008 「眼差しと好奇心 vol.4」ミヅマ・アクション、東京
       「art_icle賞exhibition」AJC Tokyo、東京
・2007 「黒川紀章展/黒川紀章キーワードライブ」国立新美術館、東京
・2006 「眼差しと好奇心 vol.1」ミヅマ・アクション、東京
・2002 「intersection」Laforet Museum、東京
・2001 「4人展」東京造形大学、東京
受賞歴
・2006 「東京コンペ in CowParade 2006」審査員榎本了一賞受賞


 
【現代アート逍遙 掲載記事一覧 】
■シャーマン復権(2)
 出遭った幻覚のひとつひとつを正確に写しとる
 画家に降りてきたものの正体が覗く
 大島梢 幻覚の予兆
本文を読む
■シャーマン復権(1)
 鮮やかに彩色された奇妙な七つの雲の絵
 大島梢にもしばしば出現 大島梢の世界
本文を読む
 
 


トップページ会社紹介著作権についてお問い合せ
Copyright (c) Flying Garden Rights Reserved.